2011年08月10日

「苦しい時は私の背中を見なさい」

更新を怠っているウチに色んな出来事がありましたね。 ( ノ゚Д゚)

なでしこJAPANの快挙は素晴らしい限りです。

澤穂希選手の北京オリンピックの試合中、宮間あや選手にかけた言葉です。

「苦しい時は私の背中を見なさい」。

キャプテンシーそのままのすごい言葉ですね。

チームメイトに「私の背中を見ろ」と堂々と言えるのがすごいです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営&リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

失意泰然、得意冷然



職場で愕然とする出来事が起こったり、他部署との板ばさみで上司から理不尽な叱責を受けて落ち込むことがあります。

別々の指示が違う場所から来るともう不満が爆発しそうなことだってありますよ。

でも、いつも自分たちのスタンスは「職場の組織理念に忠実であること」「やるべき仕事を期間までにコツコツとこなすこと」から外れてはいけません。

真面目に仕事していても突然の人事異動だったり、降格処分を聞いたり、なんか失意の底に落とされる経験ってありませんか。

例えば一つの部署のマネージャーを任されていたのに、外部からキャリアの方が突然入って来られて、特別待遇で幹部登用したいから現場を知るためにマネージャーを経験させたいってことで…。

当然ながらマネージャーの人はサブマネージャーに降格。

そこでやる気を失うか、頑張ってマネージャーを支えようと奮起するかは当人次第なわけです。



私もお世話になってきましたが、今でも息子たちが大変お世話になっている任天堂

要は毎日ゲーム三昧で、お世話になっている意味ですけど。

その任天堂3代目社長で現在の任天堂王国を築き上げた立役者・山内溥氏が独自の経営哲学、そして「任天堂」という社名の意味について以前語ったことがあるのです。

「人生一寸先が闇。

運は天に任せ、与えられた仕事を全力で取り組む。

これがニンテンドウの社名の由来である。」


失意泰然、得意冷然という言葉がありますよね。

これってリーダーは自覚すべき姿勢なんじゃないかと思います。

運に恵まれない時は、慌てず泰然として構え、努力を惜しまず継続する。

恵まれた時は、傲慢にならず運に感謝し、冷然と努力を続ける。

そうしていないとイチイチ不遇で動じていたら部下をリードできないんです。

運を天に任せて最善の努力をできるよう備えておく、こういう姿勢が任天堂を発展させたのでしょう。

その昔、私の友人が順天堂大学へ進学すると言ったら、別の友人が「お前、ゲーム作りに行くのか!」って…、そりゃ勘違いもはなはだしいです。

資本関係まったくないですヨン。 (゚д゚、)…


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営&リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

人が共生するありがたみ

冒頭にスペインの諺から。

山は山を必要としない。

しかし、人は人を必要とする。


孤独な中を生き抜くことは容易じゃありません。

思索に耽ったり、1人でインターネットに没頭してもいいのですが、やはり対人関係がないと人間って成長しないと思うんです。

哲学書を読破したら人格が立派になるわけでもないし、1人で生きることは難しいですよ。



聖書の言葉を紐解けば、創世記第2章18節

「人がひとりでいるのは良くない。

彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。


と書かれています。

例えば子どものころにいじめられた経験が多くて、大人になっても他人を信頼できない人がいますよ。

群れないで孤独に生きても寂しくないという考え。

それがいけないとは思いませんが、他人に依存しないで生きていこうとするとひとりよがりになります。

夫婦がいれば何かと互いのために稼いだりご飯作ったり持ちつ持たれつの関係。

子どもがいたら遊んだりテレビのチャンネル争いしたり一緒に遊園地行ったりの日々。

人と交わることって楽しいんです。

人の生き方はそれぞれですけど、どうせ死ぬなら孤独な生き方よりも人と接する喜びを見出せたら面白くなると思います。

一緒に食事する友だちを作るだけで違うし、職場でたわいもない会話ができる同僚がいるだけで気が楽になりませんが?

人間は本来、共生し合うことで幸福に近づけるものじゃないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

映画版・もしドラ



やっと「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の映画観ました。

AKB使っているから期待せずに観たのですが、不覚にも泣けてきました…。

岩崎さんと秋元氏が制作にかかわってますので、ストーリーは至ってシンプルに落としてました。

ただ野球の展開が簡単に読めるのでひと捻りほしかったかな…。

野球部とは何をするところなのか、その組織の存在意義から突き詰めて運営を当て込むのがマネージャーの役割でしょうか。

勝つため? 楽しむため? 部活に入らないと内申点に響くから? 根本的に野球をする意味から問い詰めていくと組織のあり方が見えてきます。

夕紀とみなみのやり取りが軸なんですが、部員たちのモチベーションアップの方法が組織論の王道っぽくわかりやすく描かれていて存分に楽しめました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

経営者に贈る5つの質問



組織のあり方を問うために、上出の本が効果的なんです。

ドラッカー本は数多く読んだけど難解過ぎて…という人も、この著作はドラッカーにしてはえらく簡潔に書かれています。

古典回帰から推奨したい本なんですが、何というか、組織は成長している時こそ見直すものだという思想が伝わってくるんですよね。

さらにシンプルにまとめてみると、

1、われわれのミッションは何か?

2、われわれのマーケット(顧客)は誰か?

3、顧客にとっての価値は何か?

4、われわれにとっての成果は何か?

5、われわれの計画は何か?


という質問が投げかけられてきます。

組織のリーダーは常にこれらを問い直して運営しないといけないというのです。

一つ印象に残った言葉は、

「組織はすべて、人と社会をより良いものにするために存在する。

すなわち、組織にはミッションがある。

目的があり、存在理由がある。」


当たり前のことなんですが、構成員がこういうアイデンティティをしっかり培って参加しないといけないんでしょう。

われわれのミッションが何かを常に見直さなければなりません。

見失っていると、当初のミッションと関係ない事業や活動が動き出し、それを何のためにしているのか腑に落ちなくなるんです。

そうすると組織のモチベーションは確実に下がるでしょう。

顧客へのアピールも必要です。

その組織の構成員一人ひとりが、それぞれに揺るぎないミッションを共感していたら、その組織は何者にも負けない強固な集団に変身できると思いますよ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営&リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。