2010年11月29日

誰かが抜けても組織が機能する

組織が滞る、その兆候を経営者が見抜けないことがあります。

よくあるのが、経営者が有能過ぎてワンマン体制になっているパターン。



私も経験したことがあるのですが、1人のリーダーが全部仕事を取り仕切っているので、末端のメンバーが「任されている実感がない」という状態に固まっちゃう組織の膠着パターン。

指示された意図を酌み取って動くんだけど、意見をすれば一蹴され、構想通りに仕上げたと思えば上司が成果をすべて修正してしまう…みたいな。

部下が思い通り動かなければ、何でも自分でやり遂げようとするのが真の責任感というものだ

という思考を叩き込まれているんでしょうね。

今、木曜夜に放映されている連続ドラマ『医龍3』なんか面白いですよ。

ある意味、医療の現場での組織哲学を突き詰めた名ゼリフがたくさん出てきます。

主人公・朝田龍太郎が周りからメンバーの流出を心配されても、

「誰かが抜けても機能する、それが真のチームだ!」

なんて答え返すのですが、まさにその通りなんです。

医療ドラマは人間関係のやり取りが非常に面白い。

このセリフこそ、組織活性化の秘訣を端的に現したものでしょう。



自分の役割だけをこなせばいいという風土は壊さないといけません。

チームのフットワークを軽くしておかないとダメなんです。

経営用語で「エンパワーメント(Empowerment)」という言葉がよく使われますが、権限委譲という意味で解釈されやすいです。

でも、本当の意味は個人1人ひとりが組織の意向に沿って自律する(仕事する)力をつけることなんです。

ワンマン体制だと裸の王様状態じゃないですか。

リーダーがあくまで自分がいなくても仕事が回るように部下を育ててこそ、フットワークの軽い組織になるんですよ。

仕事が終わらないメンバーがいたら、周りが快く助けてみんなで仕事を終わらせようとする。

そういう自律型の組織を目指すために、リーダーが自分で仕事を完結せず、部下1人ひとりの力をつけさせようとすることをエンパワーメントと言うのだと思います。

お前の好きなようにやってみろ!みたいな豪放さもリーダーには必要だということです。

だってその人が欠けて、誰もその業務をバックアップできなかったら組織崩壊じゃないですか。

集約されているのを拡散して組織を身軽にし、末端のメンバーまで動きやすくするのがエンパワーメントなんでしょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営&リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

「あるがまま」を受け入れる心

セラピーと名のつくカウンセリング療法でよく言われる基本が、 「すべてを受け入れなさい」ということ。

言うのは簡単ですが、実行するのは難しいです。 (´□`/)/

旧約聖書に出てくる創世記第4章の話。

人類で初めて殺人を犯したカインの話です。

野原へ行こう!と言って弟のアベルを恨んで殺害。

神がカインに弟はどこにいるのかと尋ねた瞬間、カインはこう答えたのです。

私が弟の番人ですか? と。

起きたことを直視して受け止めないと、責任を回避したり逃げようとする策略ばかり沸いてきてしまいます。

カインは神から問い詰められて、神から愛されたアベルに嫉妬した挙げ句、殺害したという現実を受け入れられなかったわけです。



よく色んな宗教を勉強する方がおられますよね。

特定の信仰を持たず、それぞれどの部分が正しいのかを色々と知りたいという求道者タイプの人。

そんな人にお勧めするのは、信仰以前に瞑想がいいんですよ。

ひたすら心を無にして目を瞑るんです。

自分のいい部分も悪い部分もすべてさらけ出して、ありのままの自分を受け入れられるように瞑想で心に余裕を作ります。

今目の前で起きていることは誰が悪いわけでもなく、自分で乗り越えて行かなくてはならない試練です。

だから家族に感謝だし、生きていること自体に感謝できれば、自ずと何でも受け入れられるし、些細な苦労なんて少しも苦に感じなくなりますよ。

カインに代表されるように、人間は代々、責任を免れようと悪いことは言い逃れするクセをつけてしまいました。

だから今のセラピー界では「あるがまま」の心で生きようと療法を試みるわけです。

ミスチルの歌でそんな歌詞があったような…。

誰だってそうなんだ〜♪ で終わっちゃいけないわけで、苦しいことも克服しようという前向きな気持ち一つなんだと思いますよ。

例えば転職失敗したので思い切って独立起業にチャレンジしたとしましょう。

少ない従業員で資金繰りも苦しくなった途端、前の会社で後輩が出世している姿を見てうらやましく思ったりします。

でも落ち込んだり焦ることが罠なんですよ。

自分は自分だし、明日は明日の風が吹くんです。

なんか意味不明ないい加減なまとめ方でスミマセン。 (〃'∇'〃)ゝ

自分らしい生き方を着実に歩いていくことが一番大切じゃないですか。

たとえ貧乏でも仕事が辛くても、家族が病気になったとしても、それが不幸なんじゃなくて、それらをどう思うか、どう受け入れるかが重要なんでしょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

夫婦力22章



出張から帰ってきて憔悴している妻を見てビックリ!

妻の父の介護や、3児の育児に追われて飛び石連休を過ごしたのでかなりイライラしていましたね。

やっぱりあなたが帰って来ると助かるわ……みたいな感じ。

必要とされているのはありがたいんだけど、かと言って妻にとって最良の夫になり切れているかというと、全然ですよ。

家事の手伝いしているか?

妻のストレスにどれだけ癒しの言葉をかけてあげているか?

子どもの面倒見ているか?

どれもまだまだだと感じます。

そこで上出の湯原昌幸&荒木由美子夫妻の本を紹介したいと思います。

これはぜひ2人が芸能界で活躍していた時期を知らない若いカップルに読んでもらいたいですね。

奥さんが義母の介護で相当な苦労を抱えながらも、山あり谷ありの芸能界で仕事が減っていく夫の姿を見ながら、いかに夫婦として30年近く過ごしてこられたか。

その秘訣が何章にも渡って書かれています。

全体を読むと奥さんの強さが感じられます。

夫婦の秘訣はやはり互いに尊敬し合うことなんですよ。

夫婦間の『伝達力』について触れている章があるのですが、そこの冒頭にこう書かれています。

よく言われる「空気のような夫婦」は実は危険である。

相手の存在を認識しなくていいのなら、なぜ二人でいるのか、逆に言えば、一緒にいる必要がないのではないだろうか。


夫婦が向き合わない、相手を褒めたりしない。

こういう一定の距離を置いて干渉し合わない夫婦はうまくいかなくなるんでしょうね。

傷つきたくないから向き合わない。

荒木さん自身が義母の介護で弱音を吐かず闘い続けてきたから、湯原さん自身が「いい妻と出会ってよかった」と心から思えるんだそうです。

相手に無い物ねだりをし始めたら夫婦の溝は深まりますよ。

両家の親の介護で溝ができる夫婦っていますよね。

でも夫の母を真剣に介護し続ける妻は大したものです。

どうしたら夫婦がうまく向き合えるかをよく指南している、わかりやすい本だと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

エジソンと中松義郎

誰もが知っているアメリカの偉大な発明王トーマス・エジソン

彼の言葉で私が面白いと思ったものを載せてみます。

ほとんど全ての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。

いよいよこれからだというのに。


なんかわかるような、わかりづらいような独特のニュアンスを感じさせます。

電球や発電機を発明したのも彼で、エジソンが出現しなければ現代の電機文明は100年遅れていたとも言われています。

ここからだというチャンスに、自分の限界を作ってしまうのは残念なことです。

しかし我々は自分の潜在能力に無知なのも事実なんですよね。

無駄な労力を費やす前に次のチャンスへ移ろうと考えがちです。

この見極めが凡人と天才のどちらへ転ぶかの分岐点なのでしょう。

最近某政党に浸かって宗教っぽい振る舞いが気になる日本の発明王中松義郎氏。



彼の持論は、「発明とは1スジ・2ピカ・3イキである」というもの。

スジが通っている考え方を尊重し、ピカリと従来にない目新しい発想に着眼し、世の中にイキる(役立つ)発明をしなさいという法則なんだそうです。

周りがいかにしたら明るくなるか、みんなが幸せになれるか。

もっと身近な社会の動きにアンテナを張って、どうしたらもっと世の中がよくなるかと発明的発想を心がけてゆけば、周りも変わっていくのでしょう。

エジソンとドクター中松。

時代こそ違えど発明家の根底には心と頭の柔軟さがありますよね。

これは凡人じゃマネできないものなのか、それとも努力で身につくものなのか。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

ゴースト もういちど抱きしめたい



映画『ゴースト 〜もういちど抱きしめたい〜』観てきました。

以下、【ネタばれ注意!】です。

率直な感想は、リメイクだとオリジナルにはかないませんねぇ… ってとこかな。

前作に忠実に展開させてひねりがなさ過ぎかな。

しかもBGMまで一緒。

ろくろ回すシーンも一緒…。

松嶋菜々子のゴーストはぎこちないというか、女社長に見えません…。

キャリアウーマンがあんなに脇が甘く簡単に恋には落ちないと思うので、2人の出会いから死ぬまでがリアリティ薄かったです。

ソン・スンホンは兵役後、年は取ったけどあいかわらず童顔ですね。

少しずつ渋く演技もうまくなってきました(欲と言うともうちょっと日本語を上手に練習してほしかった)。

韓流ファンのおばちゃんを取り込みたかったのでしょう。

やっぱりパトリック・スウェイジがよかったので比較しちゃ悪いですね。

ストーリーもほぼ同じにしちゃいましたから。

樹木希林はさすがの怪演でした。

まぁ、日テレ制作なので日本アカデミー賞に樹木も松嶋もソンも絡ませて外国人で主演男優賞なるか?と話題性には事欠かかせないために作ったのかな。

ラブストーリーとして感動が薄かったのは、ストーリーにほぼアレンジがなかったからでしょう。

あと制作コストをかなり削ったんでしょうね。

主要な3人以外は脇役に豪華俳優はほとんどいません。

ゴーストの七海がヒールの音を鳴らして歩いてます。

あんなのハリウッドだったら音を消すコストくらいケチらないでしょう。

前作の若い2人じゃなく、今回はかなりアラサーからアラフォーに近い2人なのでときめく世界観が弱いです。

でも裏を返せば男女逆の設定にして、リメイクの斬新さは残したかったんでしょうね。

オリジナルを知らない世代ならまずまず泣けたでしょう。

20年前を知っているオールドファンならちょっと拍子抜けかな。

ただ平井堅のエンディングソング『アイシテル』はよかった。

少しはあれでストーリーの余韻に浸れたかな。



この映画の主題は、地上界と霊界は繋がっているということです。

愛し合っていれば繋がっているんですよ。

それをもうちょっと上手に伝えられる演出に期待したんですが、それでもまずまずの内容でしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。