2010年12月31日

年の瀬に思う

年の瀬と言ってももう大晦日ですよね。

やはり年始にはいつも「今年はこれをやりたい」という目標立てが必要でしょう。

何かに踏み出す、そんな決意をさせてくれるのがお正月じゃないでしょうか。

民主党が政権交代を果たして1年以上が立ちました。

手腕は未知数だったから、最初は浮き足立っていると思われても仕方なかったんです。

でももうそうは言っていられません。

自民党に比べて明らかに外交戦略の読みが甘過ぎです。

アメリカ・韓国・中国との付き合い方が特に下手ですよ。

小沢問題が邪魔しているのかも知れませんが、第3次事業仕分けの最中に菅内閣の支持率が急低下するくらいですからねぇ…。

政権交代前の官僚癒着の構図を壊したいのはわかりますが、第2次までは蓮舫氏が裁ち回って喝采を浴びたけど今回は明らかに民主党が政権奪取した後の予算編成を仕分けしているわけだから、官僚たちは失笑ものでしょ。

仙谷さんより蓮舫氏に官房長官やらせてもいいくらいです。



完全保守とは言い切れず、価値観の違う人たちが集まり過ぎていますよね。

あとは政権奪取のために色んな支持層に媚び売らなくてはいけなかったので、政策に一貫性もないのが致命的です。

この状況で自民党の勢いもないのが心配ですが、自ずと現政権では国民の不安が増大するだけでしょう。

まぁ、各紙でそれぞれの評論家が述べている 『政治への危機感を国民に教えてくれた政権』ということなんでしょうね。

まだみんなの党たちあがれ日本のほうが何かをやってくれそうな期待感があります。

脱小沢に塗り替え切れない中で宙に浮いた政権下ですが、小沢さんの政権交代直前の名言でも載せておきましょうか。

「公約は膏薬。

張り替えれば効き目が出る」


もう一度張り替え直して下さい、と言いたいですよ……。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?



何をやりたいのか、何のために人生を歩んでいるのか…。

そういう問いかけがリアルに迫る30代、40代といった実年世代。

そこで上出の意味深なタイトルの本を紹介します。

『明日、会社がなくなっても、自分の名前(ちから)で勝負できますか?』

何という長いタイトル。

定年延長や年金受給の仕組みが充実する反面、弱肉強食の不安定な会社世界では1つの事業で永続するのは難しいですよね。

デジカメの普及によって、フィルム会社が化粧品や健康食品で生き残りをかける現状ですしね。

昨今のビジネス界ではよく、1つの事業で食べていけるのはせいぜい6〜10年程度と言われています。

本書を読んでいて印象に残った言葉があります。

あなたが1冊の本だとしたら、書店で手に取ってもらえるだろうか?

著者がひたすら自己プロデュース力に言及しているんです。

会社の命令に従って、自分の個性を押し殺してまで、やりたくない仕事を愚痴りながら定年まで割り切って機械的にこなせるでしょうか。

それとも今の仕事をこなしながらも常に自分の可能性を追求し、本当にやるべき自分の仕事を探し当てて飛躍することができるでしょうか。

この本が言いたいのは独立や起業を後押ししたいということではありません。

商品のブランド価値を上げるのではなく、自分のブランド価値を高めて常に職場で完全燃焼しましょうということじゃないですか。

自分の仕事ぶりを見ている人は必ずいますし、逆境が訪れても「自分に何ができるか」が見えている人は好結果を出すための作戦が思い浮かびますよ。

要は会社に流されない、「自分の軸を持っているかどうか」ということなのです。

一度しかない人生、自分は何をやりたいのか、そしてどう必要とされるために生きているのか。

そういう自身の人生設計をストーリーづけさせてアレンジするポイントがよく書かれている好著だと思います。

タイトルの「自分のちからで勝負できますか」って言葉はハッとさせられますよね。

常に自分の武器を磨いていける実年世代でありたいものです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

それが大事

突然ですが、大事MANブラザーズバンドの名曲・『それが大事』という歌。

覚えている人どれくらいいますかね?



負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと。

ダメになりそうな時、それが一番大事〜♪


作者の立川俊之氏はその後、その中でも信じ抜くことが一番大事だと回述しています。

シンプルすぎるくらいしつこいフレーズを並べる歌詞。

作者の熱さが伝わってきます。

今さら聞くと、自分を励ますのにはもってこいの歌ですよね。

メロディも単純ですし…。

若い子とカラオケ行って歌っても「それ誰の曲ッスか?」って、相手にしてもらえませんが。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

わたしが救われた たった一言



下の画像は私の貧乏財布です。

金運が逃げると周りから指摘されています。

皮がヨレて、カードやレシートが無造作に折り重なってお札からはみ出ています…。

スーパーのレジ前で取り出すと店員に不思議な視線で見られますね。

レシートを捨てるクセがなかなかつかないんです。 ┻┻(ノ>。<)ノ

画像 007.jpg

本題に入りますが、上出リンクの本知っていますか。

ローソンの店頭で発売されている文庫本です。

タイトルの通り、行き詰まった時にふと聞いたら救われた『たった一言』を集めた本です。

苦しい、虚しい、辛い、そんな悶々とした時に肩の力が抜けて安心を与えられた言葉が連なっています。

何個か抜粋すると、

あなた自身がしあわせでなければ誰かをしあわせになんかできないでしょう?

これはわかりますね。

無理に外に気持ちを向けようとしても、自分の内側を見つめていないと力は出ないでしょう。

必要とされない人なんていない。

少なくとも、わたしはあなたを必要としてるよ。


まさに友人から言われてホッとした一言なんでしょうね。

見えない「明日」より、生きている『今』なんだと思う。

勇気が与えられるというか、「何で〜なんだろう」と困惑した時に足元を見直すきっかけになる言葉ですよね。

こんな短い言葉がずっと並べられてるんです。

息抜きにもってこいというか、肩ヒジ張って生活に疲れた時にしょうが湯でも飲みながら読むといい本かも知れません。

何でしょうが湯なの?とか突っ込まないで下さいね…。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

「男らしさ」や「女らしさ」を否定する教育

日本社会も欧米のフェミニズム運動が浸透してきて、ずいぶんと男女共同参加社会へ変なジェンダーレス文化が広まってきたものです。

学校でも先生が父母たちに平気で、

「男らしくしなさい、女らしくしなさい、という育て方はいけません。

男女平等なのですから、男の子も女の子も同じように育てなければいけません。」

とか指導してくるので、どうも違和感が拭えないですね。

あなたが古い人間なんですよと言われればそれまでですが、これって明らかに共産主義思想の名残ですよねぇ…。

本居宣長賀茂真淵の時代から『ますらをぶり』と『たをやめぶり』という性の性質にあった振る舞いをするように主張されてきたし、もっと古くは万葉集古今和歌集にも同様の言葉は書かれてきました。

もっと遡れば人類創始期のアダムとエバの時代から神が男と女の役割を決めて創られたこともわかっているわけで。

だって、「男の子だったらそれくらいのことでメェメェ泣かないで、もっと男らしく強くなりなさい!」とか、「女の子らしく髪型や服装は気を遣いなさいよ」みたいなことって自然な教育だと思うんですよね。

体型の変化が見えてくる中学校で体育の授業の前に男女一緒に同室で着替えをさせる中学があるそうじゃないですか。

中学の運動会(体育祭)で男女混合の騎馬戦をやらせる学校もあるそうじゃないですか。

全国の県の男女共同参画センターで、トイレのマークが男女同色で見分けがつかない施設も多いそうじゃないですか。



もうここまで来ると気が狂っているとしか思えません。

ジェンダーフリー反対論者の山谷えり子さんの言葉です。

われを忘れて東に西に走り回り、ほめられなくても評価されなくても天を仰いで生きる。

これが日本人の姿、日本人よ永遠なれ!


神から与えられた使命を純粋に信じて生きる。

それが男と女という性の差があるとするならば、その性質とうまく向き合ってこそ幸せな結婚ができるし、夫としてもしくは妻としての役割が発見できるのだと思います。

やっぱり男女差を否定する教育は家族制度の崩壊に近づく危険な思想なのですよ。

お姉キャラとか女装家とか色んなタレントが出てきても、所詮男は男なんですよね。

夫は夫らしく社会の荒波の中で稼ぎ、妻はそれをどんな形でも支えようとする。

父親として、そして母親として、お互いにないものを補い合って夫婦もうまくいくのだと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。