2010年12月21日

わたしが救われた たった一言



下の画像は私の貧乏財布です。

金運が逃げると周りから指摘されています。

皮がヨレて、カードやレシートが無造作に折り重なってお札からはみ出ています…。

スーパーのレジ前で取り出すと店員に不思議な視線で見られますね。

レシートを捨てるクセがなかなかつかないんです。 ┻┻(ノ>。<)ノ

画像 007.jpg

本題に入りますが、上出リンクの本知っていますか。

ローソンの店頭で発売されている文庫本です。

タイトルの通り、行き詰まった時にふと聞いたら救われた『たった一言』を集めた本です。

苦しい、虚しい、辛い、そんな悶々とした時に肩の力が抜けて安心を与えられた言葉が連なっています。

何個か抜粋すると、

あなた自身がしあわせでなければ誰かをしあわせになんかできないでしょう?

これはわかりますね。

無理に外に気持ちを向けようとしても、自分の内側を見つめていないと力は出ないでしょう。

必要とされない人なんていない。

少なくとも、わたしはあなたを必要としてるよ。


まさに友人から言われてホッとした一言なんでしょうね。

見えない「明日」より、生きている『今』なんだと思う。

勇気が与えられるというか、「何で〜なんだろう」と困惑した時に足元を見直すきっかけになる言葉ですよね。

こんな短い言葉がずっと並べられてるんです。

息抜きにもってこいというか、肩ヒジ張って生活に疲れた時にしょうが湯でも飲みながら読むといい本かも知れません。

何でしょうが湯なの?とか突っ込まないで下さいね…。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。