2011年01月18日

僕と妻の1778の物語





SF作家・眉村卓さんの実話を基にしたストーリー。

2002年にがんで亡くなった夫人との思い出をようやく映画化されました。

『僕と妻の1778の物語』

公開直後にもかかわらずガラガラでした…。 つД`)・゚・。

まぁ、テレビドラマ『僕生きシリーズ』が好きだった私としては期待していたのですがね。



がんを発病した妻のために毎日1編の短編小説を5年にわたって書き続け、余命1年の宣告を覆した奇跡の夫婦の物語なんです。

あれっ、橋部さんが脚本じゃないんだ。

ツヨポンが朴訥で変人キャラを好演してますが、地味な展開に安い製作費で、登場人物も少なく起承転結があまり薄いストーリーなので盛り上がりなく進むのです。

愛する妻に読んでもらうために毎日、純粋に小説を書き続けます。

そして1777作品目で妻は亡くなるんです。

最後までしんみりと、かつじわじわと病弱になっていく妻を愛する夫の健気な姿に悲しい余韻は残ります。

感動はしましたが、ストーリーがシンプル過ぎて予想する通り話が終っていくだけなんですよね。

夫婦の仲むつまじい姿をずっと見ていると、この映画のキャッチコピーにハッとさせられます。

余命1年の妻に 僕は何が出来るだろう。

要は不器用な主人公が一途に妻を思う姿がすべてというか、自分に照らし合わせて考えさせられますよね。

「僕は毎日、妻のために何ができているのか」と…。

切なくもほんのりと夫婦の暖かみが感じられる映画でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:36| Comment(1) | TrackBack(8) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。