2011年02月09日

リーダーレスJAPAN

よく 老人は過去を見つめ、青年は未来に生きる という言葉を使いますが、40才や50才になっても未来志向の人は、心が万年青年なんだと思いますよ。

最近、「新村社会」というキーワードがマスコミにやたらと登場するようになりました。



出典は上出リンクしましたけど博報堂原田曜平氏の著作『近頃の若者はなぜダメなのか』からの引用なんです。

ムラというと「村八分」という言葉に代表されるように、村民が相互監視体制の中で独特のコミュニティーを形成してきた古来の村文化がありますよね。

原田氏の表現を使えば、新しい村社会も過去と同じように一定の掟とルールが存在し、村民に該当する若者を苦しめているのだそうです。

新村社会は携帯電話のメールという作業に依存心が高い集団から形成されています。

村民の特徴は旧世代と比べると意外なほどボキャブラリーが少なく、「ヤバっ!」「ウゼぇ」「サブっ」などの感嘆語のみでコミュニケーションが成立します。

村のルールの一つが、KY(空気が読めない)な村民は排除されるということ。

つまり村民はこのルールのために周囲への気遣いによって過剰に神経質になっているのだとか。

住民は特に海外に関心がなく(他人事にしか聞こえない)、地元を出たがらない「半径5キロメートル生活圏」に潜む人も多く、携帯のメールは受信したら間髪いれず返信しないと許されない不思議な暗黙ルールが存在しているのだそうです。

新村社会のネットワークを上手に使えば、「正しい」ことよりも「空気を読む」ことに比重が置かれます。

意外に立場の全く異なる人たちとの異文化交流のような上質な付き合いも得意なのですが、インターネット文化によるコミュニケーションがほとんどなので、村民においては学力よりもネットワークを駆使する力が物を言うみたいです。

まぁ、日本の若者すべてがそんな新村社会に生きているとは思えませんけど、一部に関しては言い得て妙という感じです。

そんな若者たちが未来の日本を背負って立つには重荷なんでしょうか?

総理大臣がコロコロ代わり過ぎる国だから、海外のマスコミも「リーダー不在の日本」と揶揄してますよね。

子どもたちに

「世のため、人のためになる生き方をしなさい」

と言える大人が減ってるんだと思います。

不安な世の中だから新村社会でわかり合える友を探しているんじゃないですか。

わが国の課題は20年後、30年後の有能なリーダーをどう育てていくかでしょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。