2011年04月06日

富を社会に還元する

日本人は善意が正しく評価されていないと思う。

ソフトバンク孫正義社長が震災の復興のために100億円の寄付を発表して話題となりましたね。

以後の役員報酬もずっと寄付し続けるそうです。

日本人はなんかこういうニュースが流れるとすぐ「売名行為じゃないか」と批判が先行しますよね…。

でも会社として10億円の寄付というレベルじゃなく、個人で100億円というのは凄いと思います。

欧米の資産家や富豪は儲けたお金を社会に還元しようと慈善事業に投資するのが当然という風土があります。

日本と違って寄付の文化が定着しているのです。

キリスト教の信仰がありますから、やはり自分1人の力で儲けたとは思っていないんですよ。

神様のおかげ、家族のおかげ、社員のおかげ、お客さんのおかげ。

だから儲けたモノの一部はきちんと社会に還元してあげるのが自然の流れなんだ、と。



富者の万灯より貧者の一灯 という言葉があります。

大昔の話だと思うのですが、お金持ちの人が1万個の灯りをつけて客を迎えても次の日の食事に困ることはありません。

でも貧困な人が1つの灯りをつけて客を迎えると、灯油を買うために次の日の食事を食べられないかも知れません。

だから1万個の灯りをつけているほうが素晴らしいのではなく、見かけよりも実質的な価値や貢献度を見極めようという諺なんです。

孫さんは有価運用という理念がわかっているというか、財産を投資すれば会社の評価も上がり、株価が高騰すれば自分の利益も増える。

還元すれば回り巡って周りも幸せになれるし、自分も幸せになれるということが理解できているんですよ。

犠牲になって自分が苦しんでも、いつか自分に良い報いが返ってくるはずだという考えなんです。

アメリカの資産家も同じように寄付は惜しみませんよね。

ある種のWin-Winの法則といった感じでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO・ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

曽野綾子に見る格好良い老い方

30代や40代に入ると夫婦それぞれの親の面倒を見る機会が増えてきます。

そして老いや死を直面すると、自身の残りの人生も深刻に考え出したりしますよね。

あの三浦朱門氏の妻・曽野綾子さんもここ数年、「老い」をテーマにした作品をたくさん刊行しています。

熱狂的カトリック信者というフィルターを外しても曽野さんの著作は頷く部分が多いのです。



人生の半分を懸命に生きてきたかは関係ありません。

残った人生をさらに有効に使えるか。

曽野さんの著作から面白い言葉を拾ってみました。

神様の視点を持ちなさい。

曽野さんは日本人は経済大国なのに豊かさが感じられないのは、「貧しさを知らないから豊かさがわからないだけ」と語っています。

よい老け方をするというのは、まず自立した老人になるということでしょう。

働いて稼ぎ続けるというのも一手です。

夫婦でアクティブな趣味に没頭するのもいいでしょう。

余生を面白がるというか、衰えや病気を怖がらずに慣れ親しむことも重要です。

ここで彼女の言う「神様」とはキリスト教の神様そのものなんです。

不幸なこと、救われたこと、愛されたこと、今を何に向かって生きていくのでしょうか。

悪いことばかり恨み数えてもよい老後は送れません。

こんな人生だった、だから残りも自分らしく満喫していきたい。

そういう神様のような寛容で旺盛な心を持つことが生き生きとした老人になれる秘訣なんだと思います。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。