2009年09月08日

言葉の重み

以前いた職場で社員のモチベーションアップのノウハウをプログラム化するプロジェクトがありました。

正直言って「チームワーク」という言葉が先行しましたが、要は入社動機からそのプロジェクトチームの業務に取り組む『意義付け』がどれだけされているかだという結論になりました。

最初は討議を重ねるうちに、やれ上司がトップダウンで決済する会議の手法に問題があるとか、成功報酬で社員を釣るべきとか、全然どうでもいい意見ばっかり続出しましたよ。

いろんな職場を経験して確信したのは、「組織を動かすセオリーがわかっていない経営者も意外と多いんだな」「管理職の人格や人心掌握術はとても重要なんだ」などといったある種の組織論の基礎でした。

他社にコンサルティングで出向した経験もあるのですが、もちろん社員一丸になってチームワークを発揮している職場もあったのですが、大半は経営者と社員の考えがバラバラで不満を抱えながらの就業する組織が多いんですよね。

そこから私はだんだんと成功哲学やリーダー論といったビジネス書に興味を持つようになりました。

この度はビジネス書を紹介してアフィリエイトで儲けたいという考えもあったのですが、そんな細かい労力はさておいて、純粋にいい本やいい言葉、いい考え方を紹介したいなぁと思ってこのブログを書いています。

どんな展開になるか私もわかりませんが、読者の皆さんが少しでも人生で役立つ言葉を載せられるような、そんな内容にしていきたいと思っています。
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。