2009年10月26日

沈まぬ太陽



新作映画沈まぬ太陽を観て来ました。

3時間22分の超大作なので、途中でインターミッション(休憩)が入りましたよ…。

トイレが近い私にとっては大助かりでした。 ε- (´ー`*)

原作者はフィクションと言いモデルの存在を否定していますが、これは日航機墜落事故が題材になっていますから、日本航空は非協力のため、飛行機のシーンはCGなんですよね。

あの長編のストーリーをほぼ損なわず詰め込んでますから、原作の迫力は伝わったとは思いますが、ちょっと凝縮し過ぎて「ストーリーは描き切った」という余韻しか残らないんですよね…。

主人公・恩地役の渡辺謙の存在感は文句なしですが、行天役の三浦友和の怪演ぶりも見事でした。

やっぱりこの作品は重厚過ぎて、組織とは何たるかを考えさせられますよ。

昭和40年代、巨大企業の航空会社社員・恩地は労働組合委員長を務めストを起こした結果、会社から懲罰人事を受け不遇な日々が続きます。

巨大組織ゆえの歪み、そして理不尽さと闘いながらも、結局正義を貫くほど会社から嫌われていくのです。

その時、御巣鷹山で航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こります。

救援隊として現地に赴いた恩地は、遺族の悲劇や会社の不誠意な対応に直面し、苦悩します。

安全強化のため政府の要請で就任した新会長のブレーンに抜擢された恩地は会社の建て直しを図るべく動き始めますが、官僚とのしがらみに染まった他の経営陣に邪魔されていくのです…。

自分の道を信じて貫こうとするほど、出る杭は打たれる。

そんな時、あなたならその職場を辞めようと思いませんか?

私だったらまず超巨大企業に入社することすら不可能というか。 (゚Д゚;≡;゚Д゚)

じゃなくて、私でもこのシチュエーションなら辞めると思いますよ。

権力者に媚びないと生き抜けない組織なら、そりゃ40年勤務ももちませんよ…。

莫大なストレスでしょう。

きれいな組織、透明性のある経営、社員を思いやる社長。

大組織であればあるほどこれは難しいんです。

まず上司の決裁に時間がかかるし、社員の意向は私欲を持った上司たちに潰されてしまいます。

トップが汚れてなくても、汚れた上司が固まっていたら、そのトップが正義をかざしても解任されちゃいますよ。

ましてや日本航空なんか国の息がかかった巨大産業でしたから。

この作品は自分の信念を貫く主人公が組織のしがらみに対抗する構図を面白く仕立てています。

まさにルールとビジョンを共有できない組織は腐っていくという典型例です(別にJALを非難したくて言っているわけじゃありません)。

映像スケールの大きさに圧倒される満腹感はありますが、観終わった後、考えさせられるだけの感じもしますけど。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:43| Comment(6) | TrackBack(21) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとう。映画批評的確です。今後とも映画好きとしてよろしくお願いします。
Posted by 夕月 at 2009年10月27日 18:50
トラバ、ありがとうございます。
私は、ストーリーと関係ないことばかり書いていますので、私のブログの訪問者の方にはこちらのエントリーがお役にたつと思います。
Posted by じなん at 2009年10月27日 19:49
 TBありがとうございます。映画を見る気になりました!!
Posted by yumikong at 2009年10月28日 08:50
ハマスタの☆浜風さん、はじめまして。
〜青いそよ風が吹く街角〜のBCと申します。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

>そんな時、あなたならその職場を辞めようと思いませんか?

普通の人なら辞めるでしょうね・・・。

恩地は会社を辞めないのではなく、
辞める事が出来ない人のように私は感じました。
組織と闘い続けるというよりかは
自分自身と闘い続けながら定年まで働きそうな気もしました・・・。
Posted by BC at 2009年10月29日 00:24
> 夕月さん

コメントありがとうございます。私も映画好きなのでちょくちょくお邪魔させていただきます。今後ともよろしくお願いします。好きなジャンルは企業モノ(金融腐食列島みたいなの)か銃撃戦バリバリのアクションモノです。

> じなんさん

コメントありがとうございます。私もエンドロールの流し方とか、BGMとか、美術や演出などどうでもいい部分の批評とかが好きですよ。今後ともよろしくお願いします。

> yumikongさん

ぜひ観て下さい! 長いけど、損はしない映画ですよ。

> BCさん

コメントありがとうございます。自分の生き方は貫きたいという強い意志がありますよね。正義を貫くというよりも自分と闘い続けるという表現がピッタリかも知れません。行天とは好対照ですよね・・。
Posted by ハマスタの☆浜風 at 2009年10月29日 15:40
TBありがとうございました。
私もこういう仕打ちを受けたら転職を考えると思いますが、当時は終身雇用が当然で転職ってことをあまり考えない時代だったってこともあるのじゃないでしょうか?
それに恩地は「矜持」と「意地」で闘い続け、一方の行天は恩地へのコンプレックスから彼を見返す為に出世を選び「矜持」をかなぐり捨てたんですね。
恩地が言っていたように、行天の方が心は乱れ自己嫌悪に苦しんだでしょうね。
Posted by ryoko at 2009年11月04日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画「沈まぬ太陽」
Excerpt: 吾郎ちゃんが月イチゴローで1位に選んだ「沈まぬ太陽」 時間の長さを感じさせなかった。。。と言ってたけど やっぱり長かった(笑)
Weblog: アンナdiary
Tracked: 2009-10-27 14:52

沈まぬ太陽
Excerpt: @原作は山崎豊子の社会派長編小説。A昭和30年代から60年代。日本が高度成長を進
Weblog: キネマ野郎の部屋
Tracked: 2009-10-27 18:52

沈まぬ太陽(評価:◎)
Excerpt: 【監督】若松節朗 【出演】渡辺謙/三浦友和/松雪泰子/鈴木京香/石坂浩二/香川照之/木村多江/清水美沙/鶴田真由/柏原崇/戸田恵梨香/大杉漣/西...
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2009-10-27 19:49

沈まぬ太陽
Excerpt: “君も恩地君も噂の多い男だが、恩地君の噂は聞き流せる。” 山崎豊子原作映画化作品“沈まぬ太陽”を観てきました。国民航空労組委員長の恩地元は過激な闘争方針が当時の経営陣から疎まれ、職場復帰してから..
Weblog: たにぐちまさひろWEBLOG
Tracked: 2009-10-27 23:25

【沈まぬ太陽】理不尽な夕日
Excerpt: 沈まぬ太陽 監督: 若松節朗    出演: 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 公開: 2009年10月 この会社は何も答えをくれ...
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2009-10-28 01:17

沈まぬ太陽
Excerpt: 『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-10-28 02:24

映画『沈まぬ太陽』
Excerpt: 昨日、ゴローちゃんが1位に推した『沈まぬ太陽』を地元の映画館にて。 “映画『沈まぬ太陽』は、山崎豊子の作品をもとに映画化したフィクションです。登場人物、団体は全て架空のものであり、実在の人物、団..
Weblog: 健康への長い道
Tracked: 2009-10-28 23:43

超大作「沈まぬ太陽」
Excerpt: 映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 スケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨..
Weblog: Thanksgiving Day
Tracked: 2009-10-29 00:02

沈まぬ太陽 仕事に生きる男の気骨を問う 山崎豊子
Excerpt: 沈まぬ太陽は、ずっしりとした社会派大作。山崎豊子に
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2009-10-29 15:21

沈まぬ太陽
Excerpt: 7月に上映されると聞いてから待ちに待った映画『沈まぬ太陽』を公開3日目に観ることができた。 「白い巨塔」・「華麗なる一族」、そして連続ドラマとして現在放送されている「不毛地帯」で知られる..
Weblog: GLOBAL セブねっと
Tracked: 2009-10-30 18:31

沈まぬ太陽
Excerpt:  新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろ..
Weblog: なりゆき散策日記
Tracked: 2009-10-30 22:32

「沈まぬ太陽」
Excerpt: 「沈まぬ太陽」 監督   若松 節郎 出演   渡辺謙   三浦友和  石坂浩二   鈴木京香
Weblog: 純愛シネマ
Tracked: 2009-11-03 16:03

「沈まぬ太陽」みた。
Excerpt: インターミッション付きの映画を劇場で見るのは初めて。長時間なだけに良いシートを設置している劇場で見たいもの。軽く3時間を超えているだけに息抜きとトイレ休憩が有難いと思うけれど、インターミッションを入れ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2009-11-03 20:16

沈まぬ太陽  監督/若松節朗
Excerpt: 【主演】  渡辺 謙  三浦友和  松雪泰子  鈴木京香  石坂浩二 【ストーリー】 昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2009-11-07 20:30

【映画】沈まぬ太陽
Excerpt: ▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-11-12 22:28

『沈まぬ太陽』
Excerpt: 「沈まぬ太陽」観てきました♪
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2009-11-13 22:29

沈まぬ太陽
Excerpt: 「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない...
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2009-11-14 15:11

「沈まぬ太陽」
Excerpt:                               「沈まぬ太陽」 新宿ピカデリーにて。 途中に休憩が入る長編と聞いていたので、なかなか観る勇気(?)がなかったが、丁度新宿での用事が早く終わ..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2009-11-14 15:39

映画「沈まぬ太陽」
Excerpt: 監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊..
Weblog: おそらく見聞録
Tracked: 2009-11-15 18:03

『沈まぬ太陽』が沈みそう!
Excerpt:  太陽、すなわち日章旗を模した鶴のマークが沈みかかっている。  鶴のマーク(鶴丸)で知られた日本航空は、いま厳しい経営環境にある。そ...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2009-11-21 09:48

沈まぬ太陽
Excerpt:  新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろ..
Weblog: なりゆき散策日記
Tracked: 2009-11-21 12:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。