2009年10月28日

カウンターカウンターカルチャーのすゝめ



成功する人と成功しない人の違いは思考や発想の差もあるけど、シンプルな結論を言うと「意志」が強いか弱いかだと思います。

やるべきことを地道にコツコツと実行できない人は当たり前の成功もつかみ取れないんじゃないですかね。

1960年代からアメリカで隆盛してきた『カウンターカルチャー(対抗文化)』の話題について触れてみたいと思います。

中世ヨーロッパ社会の腐敗を踏み越えて確立された欧米での民主主義政治というのはある種の文化的完結を迎えるわけです。

そこでクラシックな伝統文化を壊そうと、権力社会の強制からドロップアウトした若者たちが「反体制」「反権力」「反保守」といった文化を創り上げていったのです。

それが俗に言う「カウンターカルチャー」。

私の中ではベトナム戦争禍の反戦運動が主流となって、ロックやフォークといった音楽が「自由」を謳歌するための象徴として栄えたあたりがこの文化の起源だと考えます。

ヒューマニズム運動に始まり、フリーセックスやドラッグ依存、同性愛、エコライフ、動物愛護、女性解放運動など、現代まで形を変えて継続されています。

日本のマスコミなら朝日系や毎日系がこのカルチャーを持ち上げてきたし、一部の左翼運動家が絡んで流行させた文化も多いはずです。

その一つが何を隠そう、男女共同参画社会なんですよ。

共働き夫婦が増えれば少子化が進むと思いません?

あの壇れいが出演しているサントリー 金麦のテレビCMが一部の女性に不評みたいじゃないですか。

「今どき、ダンナの帰りをビール冷やして慎ましやかに待ってるなんて、女性蔑視も甚だしい」

「あのCMを観ると時代錯誤で腹が立ってくる」

要は女性が社会進出して男女平等を目指そうとする現代に「女は家を守っていればいい」なんていう発想が古すぎる!ということなんでしょう。

でも『男女同権』であっても、『男女同質』ではないんです。

これはジェンダーレスを目指す危険な運動ですよ。

男と女は体力や能力が全然違うし、向き・不向き、得意・不得意なものがあるように構造が作られているんです。

だから上出の山下さんの著作にも書かれていますが、男女共同参画ではなく、老若男女共生社会を目指さないといけないんです。

男と女のトイレのマークの区別がない、中学生の体育の授業で男女が一緒の部屋で着替えをする社会がいい社会になると思いますか?

男女の性差は間違いなくあるのに、何でそれを否定しようとするんですかね?

最後に提言しておきたいのは、こういったカウンターカルチャーに対抗する「カウンター・カウンターカルチャー(対抗文化に対抗する文化)」を作りましょう!ということです。

決して保守回帰と言いたいわけではありません。

間違った古い文化は壊してもいいのですが、古き良き伝統は守っていきましょうよと言いたいだけです。

今の民主党政権も一部の社民党議員や革新勢力に惑わされてカウンターカルチャーを進めないように留意してもらいたいものです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。