2009年11月07日

こんな上司はイヤだ!



私が出向や転勤を繰り返し、またコンサルティングなどで視察した職場も含めると、相当な組織の歪みを経験してきました。

すべての人が理想的に動けるわけじゃありませんが、「こんな不条理な組織運営、今どきないだろ?」みたいなリーダーもたくさん見てきましたよ。

ものすごいストレスに押しつぶされそうになった上司との関係もありましたが、振り返ればそれも今はいい思い出です…。 (=^▽^)σ

あくまでも私がリーダーだったらこう動かしたいという視点を加えないと単なる『無責任な批判』になりますので、私から見た「こんな上司はイヤだ!」というタイプを述べてみたいと思います。

どうしても私は行動と発言に筋が通っているかで人を評価しますので、一番苦手なのが言ったことや決めたことを曖昧にしたり、すぐ覆すタイプです。

例えば毎月第2月曜日は○○部門の会議をやると提案しておいて、翌月から曖昧になっていたので上司に聞いてみたら「またいつかやりましょう…」とお茶を濁したりされるとウンザリですねぇ。

仕事にまつわる発言に一貫性がない上司というのは確実に部下にストレスがたまっていきます。

職場の方針があって、それを上司も確認しているのが前提で仕事が進んでいるのに、途端に正反対の方針を打ち出す上司がいたので質問したら、閉口されてしまいました。

別に指示が変わるのは構いませんが、なぜそうなったのかという部下へのアカウンタビリティ(説明責任)が欠けると部下は動きにくくなるものです。

ここまでは仕事能力の問題だから許せるのですが、手に負えないのが性格に問題がある上司です。

どうやったら成功するかという会社の利益も考えず、自分の保身のことしか考えない人によく見かけるのですが、職権乱用やパワーハラスメントをしてくるタイプも苦手です。

リーダーというのは責任者ですから、部下の仕事にも責任を取らないといけないんです。

にもかかわらず管理職気取りで、部下に指示を出して自分では何もしない上司というのは部下に嫌われやすいですよね。

リーダーだからこそ部下を教育する責任があるのです。

だから「俺の言うことに従えないのか!」とか、「そんな仕事もできないのか!」という発言は絶対にしてはいけないのです。

まず、なぜ部下から人望がないのか、私の指示で部署がうまくまとまっていないのかを反省しないといけません。

仕事ができない部下がいたら、手取り足取り上司が指導してあげる責務を果たさないといけないですよね。

だから部下よりももっと苦労して仕事しないとダメだし、情熱や意欲に欠けた上司は信頼されないでしょう。

私に限らず、多くの人がやたらとヒステリックなタイプも苦手なんじゃないでしょうか。

勤務態度や仕事の失敗を怒られるのはいいですけど、無意味なことでイライラ八つ当たりされると部下もたまったものじゃないですよね。

それがプライベートな理由だったり、上司の好き嫌いが原因だったら尚更です。

「性格」に問題があるタイプと「能力」に問題があるタイプと「意欲」に問題があるタイプだと、実は嫌がられるのは「性格に問題がある」人なんですが、一番、部下のストレスが増すのは

「意欲のない、やる気のない」上司

なんですよ。

・部下の意見をハナから取り入れようとしない

・上からの情報や指示を隠匿して部下に伝えようとしない

・いざトラブルが発生すると他人に責任転嫁する

・社長などには音波立てず「事なかれ主義」を貫く(要は問題を意欲的に解決しようとせず放置)


こういう人たちは本当に困りモノです。

性格や能力の問題は社長や部下が協力して手助けすれば解決も可能なんですが、上司本人が官僚的な建前主義でやる気を見せないと間違いなく組織は停滞します。

リーダーは常に部下たちをリスペクトし、自分と同じような管理能力を身につけてほしいと願って行動しないといけませんよね。

(能力を)「伝える」「広める」というのも重要なことです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営&リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。