2009年11月24日

升掛けの相

画像 003.jpg

いきなり手相の写真です。

右手だけですが。 m(_ _)m

私の右手は写真の通り、頭脳線(知能線?)と感情線が一本になって掌を横断している「升掛け」なんです。

よく見ると、太く平仮名の『て』という字が刻まれているようです。

俗にこの枡掛け線は「百握り」とも呼び、人差し指の付け根から小指の下まで一直線に横断する単一の水平屈曲線を指します。

この線は染色体異常や遺伝子疾患の人に多く見られるとも言われますが、手相学では商才に長けていると考えられています。

要は

「大貧乏か、大(おお)大臣か」

という極端な運勢を持っていると言うことです。

奇才、強運、特異性格… 言い方によっては「変なおじさん」ということでしょうか?(違うって…)

ただ左手は升掛けじゃないんですよね。 (-_-|||)

実は片手だけ升掛けという人は多いんです。

両手とも升掛けだと本当に個性溢れた独特の才能の持ち主で、芸術分野に秀でた成績を残せるとも言われています。

私は右手だけなので半強運か、ビジネスで成功する資質はあるけど、できるかは能力次第といった中途半端な運勢らしいですよ。

ま、易者さんに見てもらうと悪いことはあまり言われませんけどね。

ところで大大臣って何? (´凵M;)




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。