2010年03月03日

第33回日本アカデミー賞、勝手に予想!

もうすぐ始まります日本アカデミー賞ですが、邦画好きの私としては、事前に受賞を予想しておきます。

まったく同じ時期に注目される本家・アカデミー賞は予想しないで、なんで日本アカデミー賞だけ?と思う人もいるでしょう。

映画は結構観ているので海外作品でも好きな俳優や女優はいるのですが、いかんせん、ノミネートラインナップに日本未公開作品が多いんですよ。

要は観ていない作品がほとんどなのに、予想しろというのも無理なモンですよね…。

そこで明後日に迫った日本アカデミー賞の受賞予想だけ勝手にしておきます。

最優秀作品賞
<ノミネート>・ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜  ・沈まぬ太陽  ・劔岳 点の記  ・ゼロの焦点  ・ディア・ドクター

まぁ、順当に劔岳と沈まぬ太陽の一騎打ちじゃないですかね。

作品の重厚さを争うなら他の3作品は厳しいというか、日本テレビが授賞式のテレビ放映権を持ってますから、他の民放テレビ局が制作に絡んでいる作品は不利なんです。

特にヴィヨンとゼロの焦点は。

個人的には劔岳の情景描写が好きなんですが、キャストの豪華さで『沈まぬ太陽』に軍配があがると予想。

最優秀監督賞
<ノミネート>・犬童一心  ・木村大作  ・根岸吉太郎  ・西川美和  ・若松節朗

これは作品賞とリンクするかな。

西川さんの世界観が注目されてますけど、結局は若松監督でしょうか。

よくこの作品を映画化できたなぁという慰労も含めてね。



最優秀主演男優賞
<ノミネート>・浅野忠信  ・大森南朋  ・笑福亭鶴瓶  ・渡辺謙

ここは謙さんかなぁ。

大森は作品内で玉鉄に食われてたから微妙だし、2つからノミネートされている浅野が謙さんを越える!と大胆に予想。

最優秀主演女優賞
<ノミネート>・綾瀬はるか  ・広末涼子  ・ペ・ドゥナ  ・松たか子  ・宮崎あおい

ここは人形という難役を演じ切ったペ・ドゥナに無条件にあげたいです。

松や『おっぱいバレー』の綾瀬も捨てがたいけど、中堅やベテラン不在の争いなら去年
おくりびとファミリーで唯一苦汁を舐めた広末に獲らせるかな。

最優秀助演男優賞
<ノミネート>・瑛太  ・香川照之  ・堺雅人  ・玉山鉄二  ・三浦友和

最近存在感が増してきた堺も捨てがたいけど、これは主役の謙さんを食う怪演ぶりだった三浦でしょう。

最優秀助演女優賞
<ノミネート>・木村多江  ・鈴木京香  ・中谷美紀  ・室井滋  ・余貴美子

司会の木村が獲るのはないでしょう。

う〜ん、室井か鈴木か、これは読めません…。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。