2010年04月23日

家族とお金、どっちが幸せなのか

前にも書きましたが、今年第3子が生まれました。

3人目からは妻1人では手が回らないとよく言われるので、なるべく育児を手伝うよう意識していきたいと思います。

昔、テレビで大家族を取材したドキュメンタリー番組がよく放送されてましたよね。

あれって10人家族とか出てくるとだいたい貧乏暮らしで子どもたちもトラブルだらけ。

あのテレビの一場面だけを見ると日本の少子化に拍車をかけているような気がしてなりません…。(子どもが多いと大変だ!という印象を与えてしまっている)

でも大家族で貧乏だから不幸なんでしょうか?

幸せの価値観って1人ひとり違いますよね。

私も3人の養育を考えると、今の収入じゃ正直、将来の経済的不安を感じますよ。

ワーキングプアって言われるけど、お金持ちになることが成功のすべてというわけじゃないと思うんです。

家に帰って赤ちゃんの笑顔を見たり、一緒にお風呂に入ったり、公園で遊んだり… ああ幸せだなぁと感じる瞬間は多々ありますよね。

そりゃお金がないと生活も苦しいし、心の余裕もなくなるのは認めます。

でも、なかなか全国でも子どもに恵まれない夫婦たちがいることを考えると私たちって幸せなんですよね。

1人っ子よりも兄弟がいて一緒に遊べた方が楽しかったり、貧しい中にも兄弟が仲良く助け合うことで両親を支えることができたり。

アフリカにいけば大家族が当たり前という国もいっぱいありますしね。

まず産んでくれたことに対する妻への感謝の思いが重要です。

そして家族と一緒にいる空間が「幸せ」を感じる瞬間だと思えることも大切。

個人の価値観は自由なので、経済的理由から子どもを学習塾や私立大学に入れたいからもう産まないと判断するのも仕方ないことではあります。

だけど家族に愛されて恵まれることが「成功」だと思う人もいれば、ビジネスで儲けて「成功」と捉える人もいるし、資格試験に受かって独立すれば「成功」だったり、スポーツの全国大会で優勝すれば「成功」だと感じたり、幸せの源が家族なのか地位なのかお金なのかは人それぞれじゃないですか。

個人のビジネスによる成功なんて世界平和や紛争解決、飢餓・貧困の問題に比べたら大したレベルじゃないんですよ。

だから日本の学校教育ももっと国際的視点(そういう意味では小学校の英語教育導入は賛成です)を取り入れるべきだし、愛国心教育や家族を大切にする教育がもっと必要でしょう。

ドイツを代表する作家・ゲーテはこう言いました。

王様であろうと、百姓であろうと、自己の家庭の平和を見いだす者が、いちばん幸福な人間である と。

トラブルがあったりお金がなかったり苦しい時期があっても、それを家族の絆で乗り越えられたという経験のほうがよほど幸せなんじゃないかと思います。

ビジネスで成功することも同じで、大企業に成長することや個人が出世・昇給することが幸せなんじゃなくて、その成功をつかみ取るまでの苦労や下積みがあったからこそ、感じる幸せも格別なんじゃないかと思いますよ。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。