2010年06月14日

自分に賭けてみなさい

最近雑誌のインタビューやテレビのヒューマンドキュメンタリーでアンジェラ・アキのエピソードをよく聴きますね。

メガネ姿が印象深いアメリカ人ハーフのシンガーであるアンジェラ・アキさん。

ジョージ・ワシントン大学を卒業した後、本格的に音楽の道に進みたいと思いながらも夢と現実の狭間で悩み、会社のOLとして仕事していました。

昼間はオフィスで仕事、夜はバーでライブ活動をする生活を続けていましたが、会社の上司や同僚も時折そのライブを見に来てくれていたのです。

ある日、音楽と仕事のどっちつかずの状態にストレスを感じながら生活していると、ライブを観に来ていた上司から「アンジェラは音楽を志しているのに、なぜこの会社で働いているの?」と聞かれたそうです。

私なんて落ちこぼれミュージシャン、何でこんなに苦しくなってまで音楽やってるんだろう?と煮え切らない返答をしていた彼女にその上司は次の言葉を投げかけました。

“Take a chance on you.”

要訳すると、「もっと自分に賭けてみてもいいんじゃないの?」という意味でしょう。

「君が本当にやりたいのは音楽だろう?」と、彼女の才能や可能性を見出し、背中を押してくれたのです。

しかもカウンセラーの経験もあったその上司が職場で彼女に目標設定についての講義をしてくれたそうです。

彼女は上司から長期・中期・短期の目標設定が重要だと教わり、夢が明確になったのです。

まだCDデビューもしていない時に「3年後までに日本武道館でライブをやる!!」と決めてそれを本当に実現したのです。

上司が指導してくれたのは以下の3点。

・しっかりといつまでに何を達成するかという長期・中期・短期の3段階のゴール(目標)を定めること。

・そして、そのために今やるべきことを考えること。

・なおかつ、それを考えるだけでなく書いてみること。


やりたいことがあっても漠然としていて「自分に賭けてみなさい」と言われても力が湧かなかったけど、向かうべきゴールがはっきりしてきて「よし、やってみよう!!」とプロ歌手に挑戦する気になったんでしょうね。

下積みから這い上がって一流歌手に上り詰めた彼女の成功への第一歩は、自分がやりたいことに可能性を賭けてみたことだと思います。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。