2010年06月22日

子どもは父母の行為を映し出す鏡である

せっかく育児の話題を書いてますので、続けて教育のネタを一筆。

大学の専攻が社会学だったので、イギリスやフランスの社会学をたくさん勉強した記憶があります。

イギリスの哲学者であるハーバート・スペンサーの名言に次の言葉がありました。

子どもは父母の行為を映し出す鏡である。

なんか子どもってあっという間に体は大きくなりますよね。

そして知らずうちに発言や態度、仕草が両親に似てきたりします。

以前のエントリーにも書きましたが、宇野千代さん語録も載せておきます。

出典は『人生学校』です。



幼い頃に大人たちからたくさんの愛をもらって育った子どもは大人になった時、真に人を愛することができる。

逆に愛薄く育った子どもは、生涯愛に飢えて生きる。


子どもって自分の生き写しだなぁと思うことはよくありますよ。

親の姿をよく見てるんでしょうね。

小学生くらいまでは身近にいる人生の手本って親か学校の先生くらいじゃないですか。

自分ができなかったことを子どもに期待するのは結構ですが、過度に要求してはダメです。

やっぱり子どもの心は親の愛情をどれだけ受けてきたかで育つんですね。

子を放任するような愛の冷めた親から情熱的な子は育ちませんよ。

そういった意味でスペンサーの鏡という表現は的を射ているような気がします。

最近しみじみと子は親の言動を真似るということを実感していますよ。

悪い部分を似られないように父親のあり方を戒めないといけないですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154108338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。