2010年07月31日

没個性的な人を生み出すのはなぜ

政治に期待することというか、日本の教育についてちょっと触れてみます。

優秀な人材育成をすることは生産性や日本の国力向上につながるわけですよね。

未来を見据えて教育しないといけないのに、ゆとり世代だから○○が足りないとかいう小言はどうでもいいような気がします。

偏った政治家や学識者の意見に左右され過ぎず、しっかりと裏付けのある長い視点で見た教育改正が大事だと思いますよ。

今まで色んな職場で感じたのは、建設的な議論をできる人材が少ないということです。

もっと企業と政府と社会が一体になってこの不況という荒波に果敢に挑んでいける人材育成に力を注いで欲しいものです。

日本人はそこそこ学力もあって勤勉性は抜群なんだけど、妥協したイエスマンだとか指示待ちで創造力のない社員が多くありませんか。

理不尽な上司からの指示に対して、どうしてそうなるかとか、自分はどうしてそうしたいかという説明が苦手なので、不満を抱えながらも上司の言いなりというケースが大半です。

俗に言う事なかれ主義かな。

他人に対してしっかりとなぜそれがよいのかという説得ができないので、自分がどうしたいかという「自分の役割」を前向きに組み立てていくことができないんですよね。

だから任されたことだけをこなすことで精一杯。

日本の政治家は欧米の教育環境をもっと謙虚に学ぶべきだと思います。



信念の強い筋の通った人を育てましょう。

夢を果たしたいという意志の強い子を育てましょう。

やればできると思う前向きな人を育てましょう。

社会に寄与したい、貢献したいと思う奉仕精神に溢れた人材を創りましょうよ。

日本は他人よりも1点でも高い偏差値を取ることに躍起になりますよね。

でも本当は自分が将来やりたいことに関わる学問だけを選択して学んでもいいわけですよ。

日本を担う強力なリーダーになれそうな人材をどう育てるか。

そのためには国語・数学・英語・理科・社会の合計点をクラスメイト同士で競い合う必要なんかないと思いませんか。

つまり受験に有利な科目の学力をつけるのが目標じゃなくて、自分の将来に必要な実力や人間性をつけるのが真の教育の目的なんですよ。

日本史が得意だから大学受験に有利なように日本史の勉強をしたとしても、その知識は将来の仕事にはほとんど役立ちませんよね。

高校生がプログラマーになりたければコンピューターを専門的に学んで職業に生かすというか、関心のあるものに特化して学んだほうがいいはずなんです。

好きなものを学ぶ、身につけたいから学ぶといった好奇心を中心に人を育てた方がいいと思います。

日本なんて4年制大学を出ても会社で役に立たないとか仕事ができないと言われる若手社員は多いですよね。

学びたいことを学んできたからじゃないツケなんだと思います。

ブ厚い氷の壁に大きな穴を空けるような創造性溢れる個性的な人材が育たないと思いませんか。

没個性なマニュアル人間は要りません。

これからの日本社会に強い影響を与えるようなユニークな人材がどんどん出てきてもらいたいものです。

月並みな昔の格言でも書いておきましょうか。

お金を残すは三流、事業を残すは二流、人を残すは一流。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。