2010年08月18日

ジョン・C・マクスウェルのリーダーシップ論



人生哲学や生き方の本でぜひコレは読んでおいたらいいという著作を聞かれたら私はまず

◎「原因」と「結果」の法則 か ◎7つの習慣 を挙げますね。

どちらもシンプルで至ってわかりやすい"当たり前"のことが書かれています。

当たり前のことなんだけど日常生活で忘れがちな思考や発想をサポートしてくれる名著だと思います。

この2つはいつも手元に置いて繰り返し読んでも飽きない内容ですよ。

そして上出リンクのマクスウェルの本も紹介しておきます。

世界におけるリーダーシップ論の権威・ジョン・C・マクスウェル

『「戦う自分」をつくる〜』というタイトルからもわかるようにいかに必死に生きるかということだけでなく、どうやって行動意欲をかき立て目標達成へ導くのかというリーダー必読の指南書です。

最初に出した2冊はあまりにも著名過ぎて人生哲学の基礎中の基礎というポジションなら、マクスウェルの本は「人間の欲望や感情はこういう側面もあるんだよ、だからこういう意識でやる気を上げなさい」というセルフモチベーションアップを主眼に書いてあるんです。

リーダーは人格と能力と指導という3点がバランスよく発揮されないと求心力がつかないわけで、そのために本書の中でこう言っています。

世界を動かすには、まず自分を動かさなければならない。

彼の視点からすれば人生は長距離レースではなく、短距離走の連続なんだそうです。

その瞬間瞬間でいかに信念や情熱を発揮して成功実現へ動くのか、そういった指針を13の項目に分けて説明しています。

監訳したワタミ渡邉美樹CEOが冒頭で「この本を読んで夢に関する本を書くのはやめた」と言及しているくらいですから、それほど生き方のツボを押さえた内容なんでしょう。

マクスウェルの主張を一言でまとめると、『自分のやっていることを心から楽しまなければ真の成功はあり得ない』ということなんだと思います。

好きこそものの上手なれ!ですよね。

決して目から鱗が落ちるような名言が羅列されているわけではありません。

でもなぜ彼の本が売れて、彼のセミナーが人気があるのかよくわかりましたね。

まず自分に能力や統率力があるかを心配する前に、情熱と勇気があるかを問いましょうよ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営&リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。