2010年08月26日

パワースポットブーム

パワースポット特集など、何かとオカルト的な疑似科学が面白おかしくテレビのバラエティ番組で紹介されています。

かと言って、私は目に見えない霊界のようなモノは否定しません。

それよりよく丹波哲郎の著作などを読んだものです。

この世とあの世は地続きだ。

これって丹波氏の名言でしょ。

この世は人それぞれ不公平に作られてはいません。

この世の苦楽がきちんとあの世に跳ね返るんです。

両界は繋がっているということが言いたいんでしょうね。

ところで冒頭に出したパワースポットという言葉。

厳密に言うと、「気や霊力といったスピリチュアルかつオカルト的なエネルギーが集中している場所」のことを指します。

実際には神社や仏閣、渓谷・山林・滝などの景勝地、単なる風水的な好立地、先住民族の聖地や古代遺跡、霊的な雰囲気を感じるトンネルの中など、どこでもアリみたいです。

そこに行けばヒーリングやリラックス効果が得られる、もしくは潜在能力が開発されるといった効能に対する科学的証拠は今のところありません。

でもブームなんです。

やたらとテレビや雑誌で取り上げられますよね。



こればっかりは関心があるかないかに左右されるんでしょうね。

まずは出雲大社とか、伊勢神宮あたりに参拝して「何か」を感じるか試したいところですよね。

そういうスポットで心洗われる体験があれば面白いんじゃないでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。