2010年08月28日

捨てる神あれば拾う神あり

まずはふと思いついた相田みつをの言葉から。

しあわせはいつも自分の心が決めるのです。

周りから幸せそうに見えても、本人がそう感じてなければ決して幸せじゃないのでしょう。

職場で不遇なことに遭遇した時、ストレスを感じますよね。

厚遇な環境からまったく慣れない部署に異動になったとしましょう。

人間関係も悪く、イマイチ仕事にやりがいがなくなってきます。

そんな時、会社を恨みますか?

タイトルにもありますが、まさに

捨てる神あれば拾う神あり なんです。

その瞬間はそう思えなくても、困り果てた時、ひょんな人から助け船が出るかも…と信じる心の強さって必要です。

仕事を失敗しても、前向きに誠意ある行動を取れば道は開かれます。

実際に妻子を背負った30代の社員がリストラされて途方に暮れていたら、意外な人脈から「関連会社を紹介してあげようか」と助け船が出て、感謝の思いでいっぱいになったという人だっていますよね。

それまでの仕事を一生懸命こなしてきた自負さえあれば、そういう助け船の声でいっぺんに恨みの思いが一蹴されるわけですよ。



今でも心が折れそうなことに直面することだってあります。

そんな時、同僚から「あなたは真面目に仕事を頑張ってきたんだから必ず拾ってくれる神様がいるよ」と励まされて心が落ち着いた経験があります。

家に帰れば子どもが3人います。

その寝顔を見ればいとおしくなるし、子どものためにも頑張ろうという思いにもなりますよね。

やっぱりどこかで励ましてくれる神様がいるんだと思いますよ。

人生なんだから捨てられる経験もあるじゃないですか。

でも悪いことばっかりじゃないよと自信を持って思い込めるハートの強さが重要なんじゃないでしょうか。

あくまでも幸福と思えるか不幸と思えるかは自分の『心』次第なんですよ。

心持ちを強くしていつも生きていきたいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。