2010年09月30日

紫シリコンブレスのその後

以前のエントリー不満を言ったら紫シリコンブレスを付け替えるの続きを。





で、紫のブレスレットをしている同僚たちはどうなったかというと、口々に「愚痴や不満を言わないように気をつけるようになった」と言っています。

効果覿面ですね!

21日間付け替えないで達成できた人も、まだできていない人も、潜在的に愚痴や不満、陰口、噂話はよくないと思えるようになってきたわけですよね。

私も自分が実験してないとはいえ、他人の行動に関心を持ちつつ成果には半信半疑でしたが、この本が売れる理由がだんだんわかってきました。

成功者に必要なものって決断感情のコントロールだと思うんです。

「決断」という文字は決めて断つと書きます。

必ず成功する!と決めたら、一切失敗することを考えてはいけません。

やる前から無理だと諦めていたらほぼ失敗する結果が見えてきちゃいますよ。

その後は成功するまでチャレンジを継続することです。

ここで折れない強い感情のコントロールが必要になりますね。

福沢諭吉学問のすすめでもこう書いています。

天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。

幸せになる権利って人類みな平等に持っているのでしょう。

人は生まれながらに貧富の差や上下関係を持っているわけじゃありません。

勉強したり努力するから立派な人になれるのだし、無学なままで貧しい生活を強いられても、成功したい一心があればその感情をたゆまぬ努力に傾けることができると思います。

だからこの本のタイトルって「学問のすすめ」なんじゃないですか。

人類平等を主張したいんじゃなくて、もっと学べば自分が成長できるはず!ということを伝えたいのです。

すなわち勤勉のすすめというわけなのです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。