2010年11月20日

エジソンと中松義郎

誰もが知っているアメリカの偉大な発明王トーマス・エジソン

彼の言葉で私が面白いと思ったものを載せてみます。

ほとんど全ての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。

いよいよこれからだというのに。


なんかわかるような、わかりづらいような独特のニュアンスを感じさせます。

電球や発電機を発明したのも彼で、エジソンが出現しなければ現代の電機文明は100年遅れていたとも言われています。

ここからだというチャンスに、自分の限界を作ってしまうのは残念なことです。

しかし我々は自分の潜在能力に無知なのも事実なんですよね。

無駄な労力を費やす前に次のチャンスへ移ろうと考えがちです。

この見極めが凡人と天才のどちらへ転ぶかの分岐点なのでしょう。

最近某政党に浸かって宗教っぽい振る舞いが気になる日本の発明王中松義郎氏。



彼の持論は、「発明とは1スジ・2ピカ・3イキである」というもの。

スジが通っている考え方を尊重し、ピカリと従来にない目新しい発想に着眼し、世の中にイキる(役立つ)発明をしなさいという法則なんだそうです。

周りがいかにしたら明るくなるか、みんなが幸せになれるか。

もっと身近な社会の動きにアンテナを張って、どうしたらもっと世の中がよくなるかと発明的発想を心がけてゆけば、周りも変わっていくのでしょう。

エジソンとドクター中松。

時代こそ違えど発明家の根底には心と頭の柔軟さがありますよね。

これは凡人じゃマネできないものなのか、それとも努力で身につくものなのか。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。