2010年12月17日

「男らしさ」や「女らしさ」を否定する教育

日本社会も欧米のフェミニズム運動が浸透してきて、ずいぶんと男女共同参加社会へ変なジェンダーレス文化が広まってきたものです。

学校でも先生が父母たちに平気で、

「男らしくしなさい、女らしくしなさい、という育て方はいけません。

男女平等なのですから、男の子も女の子も同じように育てなければいけません。」

とか指導してくるので、どうも違和感が拭えないですね。

あなたが古い人間なんですよと言われればそれまでですが、これって明らかに共産主義思想の名残ですよねぇ…。

本居宣長賀茂真淵の時代から『ますらをぶり』と『たをやめぶり』という性の性質にあった振る舞いをするように主張されてきたし、もっと古くは万葉集古今和歌集にも同様の言葉は書かれてきました。

もっと遡れば人類創始期のアダムとエバの時代から神が男と女の役割を決めて創られたこともわかっているわけで。

だって、「男の子だったらそれくらいのことでメェメェ泣かないで、もっと男らしく強くなりなさい!」とか、「女の子らしく髪型や服装は気を遣いなさいよ」みたいなことって自然な教育だと思うんですよね。

体型の変化が見えてくる中学校で体育の授業の前に男女一緒に同室で着替えをさせる中学があるそうじゃないですか。

中学の運動会(体育祭)で男女混合の騎馬戦をやらせる学校もあるそうじゃないですか。

全国の県の男女共同参画センターで、トイレのマークが男女同色で見分けがつかない施設も多いそうじゃないですか。



もうここまで来ると気が狂っているとしか思えません。

ジェンダーフリー反対論者の山谷えり子さんの言葉です。

われを忘れて東に西に走り回り、ほめられなくても評価されなくても天を仰いで生きる。

これが日本人の姿、日本人よ永遠なれ!


神から与えられた使命を純粋に信じて生きる。

それが男と女という性の差があるとするならば、その性質とうまく向き合ってこそ幸せな結婚ができるし、夫としてもしくは妻としての役割が発見できるのだと思います。

やっぱり男女差を否定する教育は家族制度の崩壊に近づく危険な思想なのですよ。

お姉キャラとか女装家とか色んなタレントが出てきても、所詮男は男なんですよね。

夫は夫らしく社会の荒波の中で稼ぎ、妻はそれをどんな形でも支えようとする。

父親として、そして母親として、お互いにないものを補い合って夫婦もうまくいくのだと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173754541
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。