2010年12月31日

年の瀬に思う

年の瀬と言ってももう大晦日ですよね。

やはり年始にはいつも「今年はこれをやりたい」という目標立てが必要でしょう。

何かに踏み出す、そんな決意をさせてくれるのがお正月じゃないでしょうか。

民主党が政権交代を果たして1年以上が立ちました。

手腕は未知数だったから、最初は浮き足立っていると思われても仕方なかったんです。

でももうそうは言っていられません。

自民党に比べて明らかに外交戦略の読みが甘過ぎです。

アメリカ・韓国・中国との付き合い方が特に下手ですよ。

小沢問題が邪魔しているのかも知れませんが、第3次事業仕分けの最中に菅内閣の支持率が急低下するくらいですからねぇ…。

政権交代前の官僚癒着の構図を壊したいのはわかりますが、第2次までは蓮舫氏が裁ち回って喝采を浴びたけど今回は明らかに民主党が政権奪取した後の予算編成を仕分けしているわけだから、官僚たちは失笑ものでしょ。

仙谷さんより蓮舫氏に官房長官やらせてもいいくらいです。



完全保守とは言い切れず、価値観の違う人たちが集まり過ぎていますよね。

あとは政権奪取のために色んな支持層に媚び売らなくてはいけなかったので、政策に一貫性もないのが致命的です。

この状況で自民党の勢いもないのが心配ですが、自ずと現政権では国民の不安が増大するだけでしょう。

まぁ、各紙でそれぞれの評論家が述べている 『政治への危機感を国民に教えてくれた政権』ということなんでしょうね。

まだみんなの党たちあがれ日本のほうが何かをやってくれそうな期待感があります。

脱小沢に塗り替え切れない中で宙に浮いた政権下ですが、小沢さんの政権交代直前の名言でも載せておきましょうか。

「公約は膏薬。

張り替えれば効き目が出る」


もう一度張り替え直して下さい、と言いたいですよ……。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。