2011年01月12日

スーパーサイズ・ミー



周りの人たちから色んな相談を受けることが多いのですが、大概は目の前で起きていることを「意味がある」と受け入れられていない人が多いです。

相手を変えようとする前に、まず自分が変わること

だとよく言われますよね。

相手が悪いから何とか直してあげようと要求しがちなんですが、実は自分が変われば相手はおのずと変わっていくということに気づいていないんです。

話変わって映画の話題です。

お正月前後では『ロビン・フッド』あたりを観に行こうと思ってたんですが、仕事と育児に追われて観れませんでした…。

『スーパーサイズ・ミー』

かなり昔の映画になるんですが、上記タイトルの映画って知っている人いますか?

アメリカでマクドナルドが訴えられたという話はよく聞きますよね。

現地の少女たちが肥満になって健康を害したのはマクドナルドのせいだって訴えたんだけど棄却されたという裁判。

だったら食べなけりゃいいのに、と思いますが…。 ┐('〜`;)┌

この映画はその裁判を踏まえて、2004年に事件に興味を持った作者が自らマクドナルドで30日間、スーパーサイズのセットを食べ続けるとどうなるか実験したドキュメンタリーなのです。

自分で実験するとはさすがアメリカです。

恋人にも心配しないように忠告するシーンまで描かれています。

味の繊細さにうるさいのは日本人だけなので、欧米だと特メガサイズのコーラとかハンバーガーのセットが当たり前のように売られています。

相撲レスラーみたいな巨漢の肥満な人もすごい多いですよね。

マクドナルドを食べ続けるとどうなるか、それは見てのお楽しみです。

レンタルでもいいので一見の価値はあるし、食文化を再考するには絶好の教材になる作品だと思います。

アメリカならではの映画かな。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『スーパーサイズ・ミー』
Excerpt: ■監督・プロデューサー・被験者 モーガン・スパーロック  “もし1カ月、1日3食マクドナルドのファーストフードを食べ続けたら?” 映画監督のスパーロックはある日テレビで、「自分たちが肥満症になって..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-01-25 08:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。