2011年01月14日

自分がプラスに思い込めるならそれでよい

冒頭に、第二次世界大戦でイギリスを勝利に導いたウィンストン・チャーチル首相の名言を2つ。

悲観主義者はすべての好機の中に困難を見つけるが、楽観主義者はすべての困難の中に好機を見いだす。

同じものに遭遇してチャンスととらえるか、不幸ととらえるかは自分の心次第ということです。

勝利を祈ることは素晴らしいが、本当に大切なのは勝利に値する者になることだ。

ドイツを降伏させたのは歴史的勝利でしたが、それは国の威信を賭けた戦争だったからでしょう。

私たちは成功したいと願う前に、成功に値する者として努力を怠らないことが賢明なんです。



続いて世界の発明王・エジソンが電球を発明した時の言葉。

私は失敗をしていない。

これまで「うまくいかない」という発見を1万回したのだ。


木綿や竹でフィラメントを作るまで、なんとエジソンは6000種類の素材を試しましたが、電球作りに失敗し続けたのです。

その後、竹を素材にしたフィラメントで900時間点灯し続ける電球の商品化に成功した時の発言なんです。

明確な目標を持って信念を貫く人は、失敗の連続も「成功へのステップ」と思い込めるのでしょうね。

最後にあの日本アホ会を作った日本メンタルトレーナーのパイオニア・西田文郎氏の名言を紹介します。



99%の人ができないと思うことを「できる!」と肯定的錯覚を持てる人は成功する資質がある。

要は、アホ になり切って「成功できるぞ」と信じ込める人が大成するんでしょう。

マイナス的な錯覚でなく、プラスに錯覚できるならそれでいいんです。

普通のことをできないと思い込んでしまう人も多い中で、いつも自分に自信が持てる努力を惜しまず、常に困難なことも必ずやり遂げられると思い込める強い精神力を鍛え上げていきたいです。

3者の名言の中にそれぞれ参考になるヒントはありますよ。

成功者の共通項は 常に前向き ということです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。