2011年01月18日

僕と妻の1778の物語





SF作家・眉村卓さんの実話を基にしたストーリー。

2002年にがんで亡くなった夫人との思い出をようやく映画化されました。

『僕と妻の1778の物語』

公開直後にもかかわらずガラガラでした…。 つД`)・゚・。

まぁ、テレビドラマ『僕生きシリーズ』が好きだった私としては期待していたのですがね。



がんを発病した妻のために毎日1編の短編小説を5年にわたって書き続け、余命1年の宣告を覆した奇跡の夫婦の物語なんです。

あれっ、橋部さんが脚本じゃないんだ。

ツヨポンが朴訥で変人キャラを好演してますが、地味な展開に安い製作費で、登場人物も少なく起承転結があまり薄いストーリーなので盛り上がりなく進むのです。

愛する妻に読んでもらうために毎日、純粋に小説を書き続けます。

そして1777作品目で妻は亡くなるんです。

最後までしんみりと、かつじわじわと病弱になっていく妻を愛する夫の健気な姿に悲しい余韻は残ります。

感動はしましたが、ストーリーがシンプル過ぎて予想する通り話が終っていくだけなんですよね。

夫婦の仲むつまじい姿をずっと見ていると、この映画のキャッチコピーにハッとさせられます。

余命1年の妻に 僕は何が出来るだろう。

要は不器用な主人公が一途に妻を思う姿がすべてというか、自分に照らし合わせて考えさせられますよね。

「僕は毎日、妻のために何ができているのか」と…。

切なくもほんのりと夫婦の暖かみが感じられる映画でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:36| Comment(1) | TrackBack(8) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご訪問、ありがとうございました。

気付くのが遅れてゴメンナサイね〜

本当に印象に残らない作品でしたね。

また、お邪魔しますね!

Posted by 直珍 at 2011年02月19日 12:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181337066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『僕と妻の1778の物語』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「僕と妻の1778の物語」□監督 星 護 □脚本 半澤律子□原作 眉村 卓 □キャスト 草? 剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山 泰、小日向文世、浅..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-01-24 20:44

僕と妻の1778の物語
Excerpt: わては父を夫人と同じ病気で亡くしたばかりなのであまり気が進まなかったけど、かなり評判がいいので見ることにした。命あるものはいつか土に返るもので、例外はない。この映画を見て、いつまでも悲しんでいてはいけ..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2011-01-24 21:40

「僕と妻の1778の物語」
Excerpt: 今日、飯坂温泉に行った後に映画を見に行きました。
Weblog: Dreamers Fields 〜夢見の部屋〜
Tracked: 2011-01-24 22:12

僕と妻の1778の物語
Excerpt: 公式サイト  http://bokutsuma.jp/ SF作家の眉村卓と2002年にガンで逝去した夫人との感動の実話を基に映画化した作品。 結論から書くと、おいらの好みにピッタリの作品だっ..
Weblog: 萬歳楽の酒飲み日記
Tracked: 2011-01-25 07:07

僕と妻の1778の物語を見ました★★★★★
Excerpt: 僕シリーズは見ていたので、これも見てきました。 SFとしてヤマトもいいですか、こ
Weblog: こんなことしてません?
Tracked: 2011-01-25 09:58

『僕と妻の1778の物語』 映画レビュー
Excerpt: 『 僕と妻の1778の物語 』 (2010)  監  督 :星護キャスト :草?剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉漣、風吹ジュン SF作家で..
Weblog: さも観たかのような映画レビュー
Tracked: 2011-01-25 12:23

【映画】僕と妻の1778の物語
Excerpt: ▼動機 僕シリーズ最新作 ▼感想 竹内結子が物足りない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ このへん ▼あらすじ SF作家の朔太郎(草g剛)と銀行員の妻節子(竹内結子)は、高校1年の夏休みに付..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2011-01-27 22:09

映画:僕と妻の1778の物語
Excerpt:  最近泣いてない。悲しい映画を観たりして泣くとすっきりしません?泣く場合に限らず、感動したり、お年寄りに席を譲るなど温かい場面を目撃したりして心がすっきりすることを「カタルシス効果」と呼ぶ..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2011-02-02 07:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。