2011年02月22日

映画界に思うことをつらづらと…



今年は日本アカデミー賞の予想をブログで書きませんでしたが、知らん間に授賞式が終ってましたね…。

作品賞は『告白』、俳優部門は『悪人』が独占でした。

芦田愛菜ちゃんを新人賞にしておいて主演女優に松嶋菜々子がノミネートしなかったら立場が…。

しかも日本テレビ系列作品なのに。

最近では原作モノ、特に名作漫画の実写化が目立ちますよね。

まぁ、原作のイメージにかけ離れたものが多いこと。 (TдT)

いかに客層を引き付けるかキャスティング勝負だから人気俳優を使うのもわかりますが、矢吹丈役が山Pって…。

丹下の香川も完全に違和感丸出しの演出です。

とか書きながら、まだ観に行ってませんが……。

邦画の盛り返しが叫ばれて好調だったのはうれしいですが、唸らさせる大作が多いかというと疑問なんですよね。

もちろんあの水野さんばりの

「いやぁ、映画って本当にいいもんですね〜」

と思える作品もあるのですが、総じて小粒な印象は拭えません。

製作コストの削減もあるんでしょうけど、CG駆使で安っぽい作品に仕上がってしまうとガッカリですよ。

私が日本の映画に期待するのはやはりストーリーの巧妙さと演出です。

だから演技力の下手な俳優が多いと残念感は残りますよ。

いかに役に入り込んだキャストが多いかと、脚色がそのキャストを活かしているかでほぼ映画の全容が決まるんですが、どうも興行ありきなので芸能事務所とテレビ局の絡みでキャストが決まってしまうのも何だかなぁ。

最後まで展開が読めず「そう来たか」とラストで驚かせる脚本か、はたまたシンプルな脚本でも演出の妙で「しみじみ感」の余韻が最後まで残る作品をもっともっと観たいです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187299854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。