2011年03月12日

大人になってもなぜ勉強しないといけないのか

近・現代史上においては世界最大規模となった東日本大震災。

大津波による被害はさすがに予測不能だったみたいですね……。

今、私たちにとって被災者のために何ができるのか。

祈って冷静に考えてみたいものです。

千葉の実家も大揺れだったようで、東京の知人もさすがに昨晩は何時間も歩いて帰宅したそうです。



人間は感情豊かな生き物であると同時に、高度な脳を使える知性も豊かな生き物だと思うんです。

斎藤メソッドの受け売りかも知れませんが、人って一定の教養は必要でしょう。

というわけで、テレビでも有名な明治大学斎藤孝教授の言葉を借りると、

日本人の生きる呼吸が浅くなってきている。

学ぶとは、「深い呼吸」をすることです。


ということです。

ニーチェ哲学のブームだって教養人たちには大歓迎でしょう。

斎藤さんは若者たちが古典文学を読み込むことを歓迎しています。

私たちが生きるための知恵が古典にたくさん詰まっているからなんですよ。

学ばない人は脳が古びて、昔の賢人たちから何かを得ようとせず、今の自分が感じたまま漠然と人生を消化しようとしてしまいます。

『知る』ことは、人生の選択肢を増やす材料になるんですよ。

逆に学生時代よりも、社会人になってからのほうが勉強って必要なんじゃないですか。

やっぱり教養主義の没落を嘆く著名人が多いのも、日本の将来を憂いてのことだと思います。

選挙前は各党のマニフェストくらい読解して判断したいところです。

学ぶことが自分の心の幅を広げる財産になることをいつも肝に銘じて起きたいですよね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。