2010年01月16日

インターネット依存症



インターネットを使わずに1週間を過ごすことってできますか?

というくらい、我々はネット社会との結びつきが強いわけです。

職場の取り引きは先方に連絡して、「○○××の事情で、FAXで送らせていただきます」と断らないといけないですよね。

あとの連絡は電話か携帯電話か郵便で。

ブログも更新できなきゃ、ホームページを見ることもできません。

情報収集も新聞かテレビに頼らないとダメ。

そりゃ不便極まりないですよね…。

巷で言われているインターネット依存症ってどうなんでしょう?

私なんかモロに、インターネット依存の生活をしてますからねぇ。 …(^∀^;)

ネット依存ってそんなに危険なことでしょうか。

人格障害をもたらしますか?

度をわきまえればいいと思うんですよね。

例えば、家の中に何時間も引きこもって、たまにネット環境のない空間に行くと、早く帰ってネットをつなげないとイライラする… みたいな症状が出たら危ないわけですよ。

そうじゃなけりゃ、月に何回か自然の豊かな景色を見に行って、時にはスポーツで汗を流して、気の合う仲間とワイワイ騒いでたら危なくないですよね。

自分の中でルールを決めてネットと付き合えば大丈夫なんですよ。

◎帰宅後は1日2時間以上インターネットをやらない。

◎職場でも仕事の合間にネットサーフィンはしない(ニューストピックスなんかも極力開かない)。

◎オンライン上で特定の友達をつくらない。ネトゲやチャットや掲示板で出会った顔の知らない人とメールのやり取りとかをしない。

◎絶対に2日連続でネットによる夜更かしはしない。前日ネットで夜更かししたら次の日は早く寝る。

◎攻撃的、挑発的な書き込みはしない。

◎1年に1回以上、3日〜7日くらい連続でネットに触れない期間を設ける。


ま、自制できないから中毒になるんでしょうけど、ネットのない不便さとネットがもたらす危険性を比べたらどっちが重要なんでしょうかね。

ネットは規制が緩いから問題が多いわけで、もっと危険なホームページを取り締まる仕組みが早く欲しいですよね。

私はネット大好き人間なので、今後も中毒にならないように気をつけます。

通販はほとんどネットで買ってますからねぇ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

posted by ハマスタの☆浜風 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

ゆめ…



子どもの頃って漠然とした夢を持っていますよね。

小学校の頃ってなぜかコックさんとか板前に憧れていました。

それがなぜか高学年あたりから公務員というヘタにシビアな目標に変わり、小学校の卒業文集には「学者」とか無謀な夢が書いてありました…。

当時、学者が何をする仕事だかよくわかっていなかったかも知れません。

小笠原諸島と本州を干拓で結び歴史に名を残したいとか、プロ野球の監督をやってみたり、いつしか国会議員(政治家)もやりたいなぁとか、あまり現実を直視しない仮想空間に夢が進んでいったような気がします。

それが社会に出て30歳過ぎて結婚して、カツマーたちの影響でしょうか、今は漠然と「自立したい」という願望が強くなってきました。

わけあって地方に住んでますが、もともと関東人なので東京に戻りたいという指向がありますね。

長男だし、故郷が千葉なのでいずれは親の面倒を見なくちゃいけないという事情もありますし。

だから今の仕事にずっと居座るつもりはあまりないんです。

これは上司にも伝えてあります。

何とか40歳までには国家資格を取りたいなぁという憧れがあるんですが、やはり自立を目指すなら士業でしょうねぇ。

社会保険労務士、行政書士、FP、コンサルタント。

こういったビジネスセンスが活かされる仕事が目標だっりします。

とりあえず書店で参考書を物色する日々ですね。

でも、今年はこれを受ける!という目標がないといけません。

とりあえず将来の自立を目指して何かは受験しようと考えています。

やりたいことはあるけれど、定年後も食べていくなら、年金制度への不信感もありますし、より現実的な仕事を考えようと思っています。

人間って決断力が大事でしょう。

取れたら、資格を持っているだけで転職に有利ですしね。

目指す試験が決まったらブログで発表でもしておこうかな(誰も関心ないか?)。

公約すると責任感が生まれますから!

自分探しの旅と言えばやっぱり高橋歩さんの名言でしょう。 \(^_^ )( ^_^)/

夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

年の終わり



1年も終わりますねぇ。

今年の顔を振り返ると、私の中では子ども店長原辰徳監督鳩山夫人のりピーハニカミ王子あたりですかね。

原監督語録から名言でも書こうと思ったのですが、エイジレス(アンチエイジング)の人たちって好きなんですよ。

まさに原さんは永遠の若大将というか。

加山雄三じゃないかって?(そんな古い世代じゃありません…)

ジャイアンツ愛、つまりチーム愛から始まって世界一まで味わいましたから、その爽やかなキャラクターは誰からも愛されますよね。

年の終わりですが、来年はどんな年にしたいですか?

やっぱり年始に1年の目標を立てることって重要ですよね。

小生の稚拙なブログを読んでいただきありがとうございました。

読者のためになるような言葉や思想を多く更新したいと思ってますので、来年もよろしくお願いします。 m(_ _)m


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ブログのネタ探し



ブログのネタに困った時ってどうしていますか?

まず有効なのがネットサーフィンでネタ探しでしょうね。

あとは手元にある古い本でも見つけて読んだ感想を書くとか…。

日常で感じたことを気軽に日記調に載せられたらいいんですが、文章力って時にはスランプもありますよねぇ。

別にブログを開設した時のコンセプトに沿わない内容じゃ書きたくないとか、マメに更新しないといけないと縛られる必要はないんですよ。

気軽に書きたいネタが見つかった時に更新すればいいんです。

更新が遅れるとアクセス数が減るとか、アフィリエイトの儲けが減るとか、そこにこだわるとブログってつまらないものになりませんか?

できることからコツコツと、老子の言葉を借りれば、

千里の道も一歩から

ということでしょうか?(例えがちょっと違うか…)

ブログサーフィンあたりもおすすめです。

他人のブログを見ると感心する話題も転がっていたりします(かと言って盗作はダメですよ!)。



自分が読者に何を伝えたいかということもそうですが、別に自己満足のブログでもいいと思うんです。

そりゃショコたん眞鍋サマの殿堂ブログでも参考にすりゃいいんだろうけど(この2人はちょっと古い?)、目の前にあるモノ、例えば

私のマイブームは牡蠣鍋です とか、

最近オンラインゲームで知らない誰かと将棋対戦にハマっています とか、

飼っていた愛犬が死にました… とか。

そんな振り絞らなくても簡単に出てくるネタが案外読み手にとって面白かったりするんですよ。

だからよく「ブログのネタ探しに最適なサイトがあったら教えてよ」と聞かれると、だいたい

芸能人のブログでも参考にすりゃいいじゃん!

と答えておきます。

なかなか表現力がうまくて私が一時期ツボにハマって愛読してたのは実は田口日記なんです。

彼の表現力のうまさに思わず笑ってしまう時もありますよ。 (o^皿^o)>゛


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

升掛けの相

画像 003.jpg

いきなり手相の写真です。

右手だけですが。 m(_ _)m

私の右手は写真の通り、頭脳線(知能線?)と感情線が一本になって掌を横断している「升掛け」なんです。

よく見ると、太く平仮名の『て』という字が刻まれているようです。

俗にこの枡掛け線は「百握り」とも呼び、人差し指の付け根から小指の下まで一直線に横断する単一の水平屈曲線を指します。

この線は染色体異常や遺伝子疾患の人に多く見られるとも言われますが、手相学では商才に長けていると考えられています。

要は

「大貧乏か、大(おお)大臣か」

という極端な運勢を持っていると言うことです。

奇才、強運、特異性格… 言い方によっては「変なおじさん」ということでしょうか?(違うって…)

ただ左手は升掛けじゃないんですよね。 (-_-|||)

実は片手だけ升掛けという人は多いんです。

両手とも升掛けだと本当に個性溢れた独特の才能の持ち主で、芸術分野に秀でた成績を残せるとも言われています。

私は右手だけなので半強運か、ビジネスで成功する資質はあるけど、できるかは能力次第といった中途半端な運勢らしいですよ。

ま、易者さんに見てもらうと悪いことはあまり言われませんけどね。

ところで大大臣って何? (´凵M;)




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。