2010年07月28日

インビクタス/負けざる者たち



今年のサッカー・ワールドカップで話題になった南アフリカ。

そんな南アフリカの国柄を垣間見る面白い映画があります。

もう映画館で観た人もいると思いますが、感動の余韻が強く残るという内容じゃありません。

どちらかというと作品の深さや重みにじわじわと酔い浸れるというか、ぶっちゃけ「色々と考えさせられた」と言ったほうが正しいでしょうか。

そのタイトルは『インビクタス/負けざる者たち』

南アフリカで長年続いてきたアパルトヘイトの人種差別がついに撤廃され、1994年の全人種投票により27年も獄中に収監されていたネルソン・マンデラが同国黒人初の大統領に選出されます。

差別のない人種間の平等を掲げる新国家誕生も白人たちの反発により、なくならない差別、貧困、犯罪など多くの問題が山積みでした。

そこでマンデラが目をつけたのが翌年に自国開催となるラグビーのワールドカップだったのです。

ラグビー弱小国が白人と黒人一丸になって優勝を目指す……そんな大統領の途方もない計画に驚いた主将たちが国のためにチームの建て直しを図っていきます。

相容れない対立する人間たちを一つにまとめる。

映画の主題はこれただ一つなんですが、イーストウッドに監督を依頼しただけあって演出や脚本が深いんですよ。

大統領の好んだ詩がストーリー中に出てきます。

「わが運命を決めるのは我なり。

わが魂を征するのは我なり。」


大統領は白人から長年監獄に閉じこめられてきたのに白人を一切恨まず、許していくのです。

あれから10年以上が経ち、今年、サッカーのワールドカップで大いに湧いた南アフリカ。

この国の情勢は依然不安定ですが、それでも「勇気を持って踏み出す一歩が不可能を可能にする」というメッセージがこの映画に込められています。

ぜひレンタルでも観てほしいおすすめの作品です。

恵まれた先進国からの視点ではなく、どんな貧困で難しい者にも人間は平等に未来への道筋を照らしている、と納得させられる映画だと思います。

強いて苦言を書くなら、チームが強くなっていった技術的向上の過程が省略されすぎですけど。 ─(´△`;)─




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

踊る大捜査線から学ぶこと





映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3』をやっと観に行ってきました。

本広&亀山ラインのせいなのか、君塚さんが暴走したせいなのか、起きえない架空の事件として見れば面白いんでしょうけど、個人的に消化不良でした。

小栗が冷徹なキャラに徹し切れてないし、小泉今日子ばかり目立って湾岸署の人間関係があまり描き切れてなかったなぁ。

室井さんの出番少な過ぎだし…。

犯罪者心理を無視した軽いノリの事件だったのでシリーズの中では評価が低い内容になっちゃった気がします。

ちょっと構想が練られてないというか、前作からのブランクが長かった分、期待倒れでした。

このシリーズ好きな人は観に行く価値があるかなというレベルでしたかね。

「踊る〜」シリーズといえば代名詞ともいう決めゼリフが1作目にありますよね。

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」

このシリーズで一貫しているのは警視庁本庁と所轄署の対立構図なんですよ。

総司令本部に現場の事情なんかわからないクセに、口出しするな!と言わんばかりのシチュエーションなのです。

要は制作スタッフが警察内部を会社組織に見立てて創りたかったわけですね。

だからこのセリフはサラリーマンの不満を代弁したとしてかなり流行ったんですよ。

私が当時いた職場なんかみんなで一日中このセリフ連呼してましたよ。

もちろん職場のお上様を皮肉る意味で。 (/TДT)/

でも再考してみましょう。

会議室は邪魔で、現場が最優先というのも間違った考えじゃないですか。

うまくタワーコントロールする本部があって、現場との連携があるべきでしょう。

本社や本店にいる社長や重役は隈無く現場の状況を視察して従業員の意見を聞く努力が必要です。

しかし現場が全てではなく、会議室で行われている官僚的な政治主導の動きもすべて要らないと切り捨てられますか?

判断するのはあくまで社長だとするなら、やはり会議室の存在も必要なんですよね。

官僚主義がダメで現場主義がいいというのは今の民主党政権を見れば間違った考え方だというのがわかります。

奪官僚を志して、見事に官庁の職員に反発されたわけじゃないですか…。

事件が現場で起きているからこそ、責任の所在は会議室にあるんです。

ところがその政治的なやり取りが今回の「踊る〜」3作目にはあまり描かれていません。

あれっ?

フジテレビは何を伝えたかったんでしょう。

今作は主題が曖昧で登場人物を多くし過ぎて踊るブランドのアピールのみに終わり、中身が伴わなかった印象が強いです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

タマシイレボリューション

劇場だと最近は『RAILWAYS』が映画化されたので観たいと思っていましたが、タイミングを失っているうちにもう『踊る大捜査線』の最新作が公開されますね…。



日本代表が健闘したこともありサッカーW杯熱が加熱してきました。

日本が負けた今はどこを応援すべきかな?

頭に残るのがNHKのワールドカップ中継のテーマソング。

そう、あのSuperfly「タマシイレボリューション」です。

なんかあのメロディと越智さんのパワフルボイスが耳から離れませんよ。

ちょっと一部の歌詞を抜粋。

♪頭の中はいつもビージー

葛藤ノンストップ

立ち向かえ 人生はショータイム

プラスとマイナスがリフレイン

So, 逆境は I don’t care 最強に変身中

呼び覚ませ 本能

さぁ 茨の道で私はグレードアップ〜


なんかスポーツに最適な前向きなフレーズに感心しちゃいます。

日本代表にピッタリの歌詞だったりして…。

なぜシングルカットしないでダウンロードだけなんでしょう。

発売したら買うかも知れません。

いつも仕事中に♪スタンドアップ! モンスター 頂上へ〜 の部分口ずさんじゃいますよ。

逆境だからこそ自分を成長させられる道なんでしょう。

その試練に強気で生きていくモチベーションを高めないと。

どんな時もポジティブにトライする肯定的な心を身につけたいですよね。

だからこの曲の歌詞は大好きなんです。

この曲のおかげでSuperflyも好きになりました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

自分に賭けてみなさい

最近雑誌のインタビューやテレビのヒューマンドキュメンタリーでアンジェラ・アキのエピソードをよく聴きますね。

メガネ姿が印象深いアメリカ人ハーフのシンガーであるアンジェラ・アキさん。

ジョージ・ワシントン大学を卒業した後、本格的に音楽の道に進みたいと思いながらも夢と現実の狭間で悩み、会社のOLとして仕事していました。

昼間はオフィスで仕事、夜はバーでライブ活動をする生活を続けていましたが、会社の上司や同僚も時折そのライブを見に来てくれていたのです。

ある日、音楽と仕事のどっちつかずの状態にストレスを感じながら生活していると、ライブを観に来ていた上司から「アンジェラは音楽を志しているのに、なぜこの会社で働いているの?」と聞かれたそうです。

私なんて落ちこぼれミュージシャン、何でこんなに苦しくなってまで音楽やってるんだろう?と煮え切らない返答をしていた彼女にその上司は次の言葉を投げかけました。

“Take a chance on you.”

要訳すると、「もっと自分に賭けてみてもいいんじゃないの?」という意味でしょう。

「君が本当にやりたいのは音楽だろう?」と、彼女の才能や可能性を見出し、背中を押してくれたのです。

しかもカウンセラーの経験もあったその上司が職場で彼女に目標設定についての講義をしてくれたそうです。

彼女は上司から長期・中期・短期の目標設定が重要だと教わり、夢が明確になったのです。

まだCDデビューもしていない時に「3年後までに日本武道館でライブをやる!!」と決めてそれを本当に実現したのです。

上司が指導してくれたのは以下の3点。

・しっかりといつまでに何を達成するかという長期・中期・短期の3段階のゴール(目標)を定めること。

・そして、そのために今やるべきことを考えること。

・なおかつ、それを考えるだけでなく書いてみること。


やりたいことがあっても漠然としていて「自分に賭けてみなさい」と言われても力が湧かなかったけど、向かうべきゴールがはっきりしてきて「よし、やってみよう!!」とプロ歌手に挑戦する気になったんでしょうね。

下積みから這い上がって一流歌手に上り詰めた彼女の成功への第一歩は、自分がやりたいことに可能性を賭けてみたことだと思います。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

ようやく映画劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤルを観てきました。

堤幸彦作品大好きな私としては、待望のシリーズ最新作だったのですが、矢部の出番が少な過ぎ…。

あとアニィも復活して欲しかったわぁ。

まぁそこそこ満足という感じかな。

ひたすら「♪バンサンケツマ〜」と松平が将軍ネタで騒いで目立っていたというか、マツケンのための映画だったような。 (。・ω・)ノ~







ドラマ界に新風を巻き込んだ、コメディとミステリーの融合というジャンルを開拓した作風は定評ありますよね。

シリアスさ皆無の中に笑いとストーリー展開の巧妙さがあってツボにはまった人も多いんじゃないでしょうか。

堤さんフリークじゃなくても、ストレス社会でホンのひと息つくのに最適な映画ですよ。

ただ今作はシリーズ初期の登場人物が伏線だったり、直前のスペシャルドラマとストーリーが関連していたり、トリック初心者には優しい内容じゃないのでご注意を!

ドラマ版から順次レンタルして視聴するのをお薦めします。

もちろん軽いノリのつもりで観て下さい。 (*・ο・)=з

わからない人にはサッパリついていけない世界観ですので。

意味もなく決めゼリフ書いておきましょか?

まるっとお見通しだぁ!  (By 山田奈緒子)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 16:39| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。