2009年10月20日

ハゲタカ

映画のカテゴリを作りながら、まだ映画について語っていなかったので、映画2題を。

もともと大の邦画好きで、ハリウッド作品そっちのけでシネコンに足を運ぶクチだったのですが、最近仕事と育児の兼ね合いもあってなかなか映画館に行けません…。



今年観た中で特筆しておきたいのは上出リンクの『ハゲタカ』

テレビ版を観ていない人には展開がわかりづらいのですが、簡単に言えば企業買収と防衛の応酬劇みたいな経済ドラマなわけです。

金融危機を受け、外資系企業が自動車業界を乗っ取ろうとするのですが、金を巡る人間愛憎劇というよりは、「人は何のために戦うのか、何のために働くのか――」というメッセージが強いんじゃないかと思いますね。

この映画のストーリーに日本企業のあるべき姿が全部映し出されるんです。

誇りを見失わず、夢や希望を持ち続け、改革を受け入れながら古き伝統も守り続け… かつ会社という生き物の個性も失わずに進まないといけない。

これらを背負った企業再生家・芝野健夫が自動車会社の役員にヘッドハントされ、会社の窮地にこう言い放つんです。

「こんな時代だからこそ、夢や希望を語るリーダーが必要なんです!」

このセリフはしびれましたね。

欧米並みの合理的経営にほだされた日本の経営者も見直すべきいい言葉ですよ…。 (*^-゚)v

芝野は後に社長に抜擢されるんですよね。

金のためなのか、従業員を守るためなのか、日本の国威を示すためなのか、それらを訴えるべく企業が取り巻く人間ドラマを描いた秀作に仕上がっています。



もう一作は上出の『ミラクル』

実は日本未公開作品なんです。

といっても、大きなレンタル屋に行けば大概は置いてありますのでご安心を。

この作品は1980年の冬季オリンピック決勝戦でソ連を打ち破ったアイスホッケー・アメリカ代表の実話がベースなんです。

一言で言うとリーダーシップとチームワークを教えてくれる感動作ですよ。

各地から寄せ集められた大学生のチームをコーチが熱血指導して、勝てなかったソ連チームとの戦いに挑むんです。

選手の選考から最初はバラバラであっても、一つのチームとしてまとまっていく中で難攻不落のソ連を倒していくのです。

題名からして映画の結末はわかっているのに、やはり感動してしまうスポーツ映画の名作でしょう。

ヒューマンドラマ的要素も濃いですよ。

一見の価値アリです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

川嶋あいとマッキー



この前にありがとうの魔法力というエントリーを書きましたが、何ごとも感謝の想いが気持ちを前向きにするんだと実感するこの頃です。

特に力が出ない時、仕事のやる気が下がった時は音楽を聴くのも効果的なんですよ。

そんな『ありがとう』繋がりで、今回は川嶋あいの話題を書いてみたいと思います。

カワシマ…っていうと、旬なのははんにゃの川島章良だろッ!とか、麒麟の川島明だとか、カルピスCMの川島海荷だとか、それはさて置いて、アーティストの川嶋あいですよ!!

実の親に捨てられ養護施設で生活していた川嶋が養子に引き取られました。

川嶋自身はそのことを大きくなってから知ったそうです。

その引き取った父が亡くなった後、育てのお母さんが貧しく病弱でありながらたった1人で育てました。

川嶋が歌手を志して上京した後、そのお母さんもすぐ亡くなりました。

狭いアパートでカップラーメンのみで暮らした母との思い出を振り返り、今まで育ててくれてありがとう、私はこんな立派に歌を歌えています…というような亡き育ての母への想いを歌詞にした『・・・ありがとう...』という川嶋の曲があります。

川嶋あいの歌で一番好きなのは実は12個の季節なんです。

『・・・ありがとう...』も次に好きな方なんですが、やっぱり彼女の魅力ってその歌詞と声質に尽きると思うんですよね。

彼女が渋谷の路上ライブ1000回を目標に演奏している時、たまたま私の職場が渋谷だったので帰宅時にライブを目撃したんですよ。

それから彼女が養護施設に慰問ボランティアをしていたり、チャリティーコンサートを積極的に開催していることを知りました。

だから仕事の合間にとかパソコンで彼女の曲を聴くことも増えましたよ。

さすがに全歌詞を無断転載するのはヤバいので、一部だけ抜粋します…。

♪遠い空のもっと高い星になっていつも見守っていて

精一杯生きてみせる 今以上に強くなる きっとなってみせる

最後に伝えたい言葉がある 言えずに今日まで歩いてきた

「ありがとう…」




続いて、槇原敬之『僕が一番欲しかったもの』も紹介しておきます。

マッキーの曲って、やっぱり人生前向きに行こうよ!っていう応援ソングが多いですよね。

この曲は主人公が拾い物をしたんだけど、横にいる人がそれを自分以上に欲しがっていることがわかり、それをもらった人が主人公の顔を見てうれしそうにしてくれたという展開なのです。

結局探し物を拾ったけど、横の人にあげ続けていたら、もっと素敵なものが見つかるだろうと振り返ってみたという歌詞で終わります。

エンディングの歌詞だけ抜粋しておきますよ。

♪僕のあげたものでたくさんの人が幸せそうに笑っていて

それを見た時の気持ちが僕の探していたものだとわかった

今までで一番素敵なものを僕はとうとう拾うことができた


たしかこの曲はドラマの主題歌だったと思うのですが、いつ聞いても力が湧いてきますねぇ。

マッキーなら他にはブレイクソングとなったメジャーヒットのどんなときも。もおすすめです!

音楽で癒されたり、モチベーションアップさせる時間って大切にしたいですよね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

おもちゃ王国に行ってきました

画像 001.jpg 画像 002.jpg

シルバーウィークの期間、2人の子どもを連れて、岡山(玉野)のおもちゃ王国に行ってきました。

お決まりの仮面ライダーディケイドショーもありましたが、アレッ? ダブルが始まったのに、まだディケイド…(あくまで大人の感想)。

肝心な息子はやられている時に「ディケイド頑張れ〜!」と絶叫していました。

後の時間は木のおもちゃ館とゲームランドで満足してましたね。

こういう遊園地に来るとまずスタッフの接客ぶりを観察してしまうんですよねぇ。

仕事がら顧客サービスの行き届きというか、社員教育の成果がまず目にとまります。

私は断然ディズニーランド派なのですが、やっぱりいい遊園地って従業員の教育が徹底されているんですよね。(決しておもちゃ王国がイマイチというわけではない)

来たお客さんへいかに満足をもたらすかという点ではディズニーランドの従業員たちの姿勢は徹底したものがありますね。

私がもともと千葉県人だということもあって、あそこの遊園地としてのクオリティはかなり高いと感じます。

東京ディズニーランド研究本はどれを読んでも参考になる内容が多いと思いますよ。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ
posted by ハマスタの☆浜風 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。