2010年08月14日

りそな銀行

市販の薬剤って面白いネーミングが多いですよね。

だって化学物質名をモジッたネーミングだったらリアル過ぎて気持ち悪いじゃないですか。

だからユーモア交えて意味や効用がすぐイメージできる名前にすることが多いでしょ。

有名どころで佐藤製薬ストナなんかは「スッと治る」という言葉を縮めたものなんだそうです。

会社も変わった名前がありますよね。

他人の会社名を勝手に笑うのは失礼かも知れませんが、最近話題になった(?)株式会社ギュギュギュギュギュイーンなんか命名者にアッパレと言いたいほどインパクト絶大ですよ(モータースポーツ関連の会社みたいですが)。

電話に対応する時、社名を言いにくそうですけどね…。

ところで最近、銀行が合併に次ぐ合併でどこがどうくっ付いて何て言う銀行名になったかわからないですよ。

市町村名もそうですが、銀行名もひらがなでソフトなイメージを与えようとネーミングする銀行があります。

あさひ銀行と大和銀行が合併してできたりそな銀行なども名称が決まった時の会見では「理想的な銀行」という意味で「りそな」にするとか発表され失笑でした(失礼…)。

その後、共鳴するという意味のリゾナンス(resonance)から採ったと苦しい釈明をしていましたが。

理想的な組織を目指すからそう命名するという大胆さもすごいですが、あさひやさくらやみずほと違って最初は浸透しにくいネーミングだなぁと思ったものです。

ま、合併前の銀行間の思惑が重なって◎◎△△××銀行とか旧行名を全部足したようなものよりはずっといいですけどね。

別にりそなさんのサービスに不満があるわけじゃないのであしからず。

タマにはこういうどうでもいいエントリーとか書いて息抜きしております…。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ベタなネーミング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

たちあがれ日本

ベタベタで笑わずにはいられません。

平沼さんには悪いが、新党のネーミングが「たちあがれ日本」になるとか。

なぜ平仮名?

みんなの党のマネ?

70歳近い人ばかりで結成なのに「立ち上がれ」どころじゃ…。 (−д−)

ぜひ命名未遂で終わってほしいです。

保守新党なんでしょう。

愛国者の平沼さんや与謝野さん、そして反日教組の急先鋒・中山成彬さんも合流の意向だそうじゃないですか。

外国人参政権付与に徹底反対、日教組弾圧、民主党のバラマキ政策を辞めさせる(ツケを子どもたちに残さない)、重厚な景気対策、これらを明示して今の民主政権に徹底して抗戦してもらいたいです。

でも、政党名を略すと自とか民とか共、公、社の次にみん、たちと書かれるんでしょうね。

まだスポーツ平和党の方がよかったわ。

♪燃え上がれ〜 ガンダム ┌(。>_<)┘





最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(5) | ベタなネーミング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

栗くり坊主

発売当時、かなりベタベタなネーミングやなぁ…と思ったのが、富士フイルムの写ルンです



商品のネーミングは体言止めが常識と考えられていた業界で「写ルンです」ですからねぇ。

当時はこんなダサいネーミングの商品は売れないとまで思ったのですが、使い捨てカメラでは一番メジャーになりました…。

開発当初はネーミング案として「パッ撮りくん」という名前が挙がっていたそうですが、社内の評判は芳しくなかったとか。

明らかに忍者ハットリくんから付けたのですが、私はこっちのほうがしっくりいくなぁ。 (ノ^-^)ノ

しかしそれに代わる新たなネーミングが思いつかずに幹部へのプレゼンテーションの日を迎え、その席で上司に「こんなカメラ本当に写るのか?」と問いただされた時に、開発者が咄嗟に「写るんです!」と返答したのです。

すると、その語感の響きと説明がいらない明快な名前に気をよくした開発者が上司に掛け合って、「ルンルン気分で楽しく撮れる」との意味を含めて、正式に「写ルンです」という名前に決定したそうなんですよ。



続いて上出の商品。

手軽な栗剥き器で、その名も栗くり坊主

栗の皮を剥くって手間がいりますよねぇ。

しかも名前がかわいいというか、ツルツル(というかクリクリ?)に、簡単に剥けるらしいですから、ふさわしいネーミングじゃないかと。

この名前は微笑ましくて結構気に入ってます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベタなネーミング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

珍市町村名ってどうよ?・その2



以前の珍市町村名ってどうよ?のエントリーに続き、今回もネーミングネタを。

まずは夢リタってご存じですよね?

そう、あの夢のアフィリエイトプログラムっていうヤツです。

ネーミングの由来は「夢のリタイア生活」ですよ。

いいですよね。

パソコンに向かってチャカチャカと1日中アフィリエイトいじって快適ライフって・・。

このネーミング、なんか好きです。

変わって、ポカリスエット

「ポカリ」は造語らしいんですけど、明るいイメージをつけたかったらしいんですが、続いて「汗」ですからね。

外国人は汗の成分が混ざってると勘違いして敬遠するというのは本当らしいです…。 <(^ー^ι)

あとモスバーガーも珍妙なネーミングというか、外国人なら「苔(Moss)」バーガーと捉えてギョギョッ!と思うのですが、実はMossじゃなくて、MOSなんですよね。

MOSとは、MはMountain(山)、OはOcean(海)、SはSun(太陽)の頭文字で、「山のように気高く堂々と」「海のように深く広い心で」「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って」という姿勢をあらわしているそうです。

で、前回と同様に平成の大合併でお見かけしたオイオイという市町村名もついでに…。

●湯陶里市

これはすごい。

ゆとり市ですか…。

施行未遂で終わり、武雄市に決まったようで何よりです。

ゆとりのある市民でいいのやらどうやら…。

佐賀の温泉と焼き物(陶器)のイメージに「ゆとり」をかけたものらしいですけど、地元町民に反対されたようですね。

四国中央市

う〜ん、いまだ何県か知りません…。

西東京市とか、北名古屋市とか、南アルプス市以上にビックリの命名です。

何せ、四国の名を堂々と使い、その中央ですからね…。 (^^;)

みどり市

北海道にも大空町というのがありますが、コレもつけたもん勝ちというか、緑が溢れた都市なんでしょうね。

のはら市とか、うみべ市とか、もみじ市とか、もうどんどん出てきた方が風情があるかも知れません。

伊豆の国市

これもベタベタなネーミングですよね。

先に伊豆市の名前取られちゃったから伊豆ブランドを強調したかったんでしょう。

どこも伊豆○○市とか、▽▽伊豆町みたいな町村並んでいたら、どこが伊豆の本家なのかわかりません…。

ま、某納豆県の□□□みらい市みたいなモンかな(違うって…)。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ベタなネーミング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

珍市町村名ってどうよ?

ちょっと真面目な話題は置いておいて、息抜きネタを…。

ベタなこのネーミングどうよッ? っていう笑えるものをたまに紹介していきたい。

たぶん新商品とか市町村名がほとんどになるでしょうけどね。

では平成の大合併も一区切りついたところで、おいおい正気かよ!ってオモシロ地名をいくつか。




●新温泉町

○○温泉町ならわかりますが、いきなり「新」温泉町だもんね。

湯村温泉という兵庫の古い温泉から温泉町という名があったそうで、今回の合併で新温泉町に。

●関東市

結局さいたま市に落ち着きましたが、大宮・与野・浦和(のちに岩槻も)の合併で出た新市名の候補の一つがコレ。

「関東」市って、もうここまで来りゃ名乗った者勝ちでしょうか。

関西市、中部市、東北市、中国市、と何でもアリになりそうです。

でも平仮名の「さいたま」市も当初は評判悪かったですよねぇ。

●さくら市

いやいや、最初何県にある市だかわかりませんでしたよ…。

桜並木が有名な街ならどこにでもあるしねぇ。

栃木県氏家町と喜連川町がくっついてこの名前だそうです。

全国で普遍的な木の名前をつけても千葉県佐倉市と混同しちゃいそうですよ。

●つくばみらい市

茨城ってただでさえ小美玉市とかかすみがうら市なんて変わった市名が多いのに、筑波の横に「未来」とか付けちゃって、隣の本家・つくば市にケンカ売っとんのかい、コリャッ! って感じです…。

中心部に「みらい平」という駅があって、水海道市・谷和原町・伊奈町の3つが合併しようとしたのでそれぞれから「み」「ら」「い」と取ったみたいです(水海道はつくばみらいには合併せず結局他町と独自で合併…)。

ま、この市民たちに希望の未来が待ってるんでしょう!(あくまでポジティブ)

●太平洋市

青森の「あっぷる市」とか愛知の「南セントレア市」とか本気とも取れないトンデモ市名候補があったのでこれくらいじゃ驚きませんが、いきなり「太平洋」ですよ。

ところで何県?? って感じです…。

千葉県山武市が採用を一旦は決めようとした幻の市名です。 (><;)

瀬戸内とか玄界灘とか駿河湾とか何を名乗ってもOKでしょうが、太平洋ってスケール大き過ぎません?

その市自体は太平洋に少ししか面していないのに。

もうこうなったら「東アジア市」とか「西日本市」とか「新世界市」とか「地球市」とか「宇宙市」なんて何でもつけそうです。




市町村名以外で最近ツボにハマったのは、ノースアジア大学消臭力ですかね。

前者はどこにある大学じゃい、と思ったら日本だそうです。

秋田県にあるのに北アジアって…。

後者は完全に長州力に引っかけてますよね。

本人はどう思ってるんでしょうか、ただの消臭剤なのにねぇ。

もうベタベタ過ぎて最初に発売された時は笑わずにはいられませんでした(エス●ーさん、申し訳ありません)。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ





posted by ハマスタの☆浜風 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ベタなネーミング考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。