2010年03月15日

『ザ・コーヴ』と食文化再考

一応カテゴリーは「政治と社会に期待すること」にしておきますが、日本のイルカ漁の話題に触れたいと思います。

日本でこの夏に公開予定の『ザ・コーヴ』という映画。

去年海外で公開され反響を呼んだ、イルカ漁を批判的に描いたアメリカのドキュメンタリー映画です。

海外で各種映画賞を受賞したこともあり、日本もテレビの情報番組でダイジェストを流したりしていますね。

チラッと観ただけなのですが、明らかに映画内容に違和感ありありですよ。

日本人はイルカを食べるなんて残虐だ!という印象を植え付ける目的の映画とも言えます。

実際に静岡のスーパーではイルカ肉を普通に売ってますからね。

水族館に行けば豪華なイルカショーだって観られるんです。

でも隣国だって犬や猫の肉を食べてますよね。

日本人の犬猫などペット愛好家から見れば隣国が「残虐な民族」に映るわけですよ。

つまりイルカを食べることがどうなのかということを問題にするのはお門違いでは?と思うんです。

たぶんこの監督の作品は、日本人はイルカが高知能だということを知らない、稀少で繊細な動物として扱われていない、などなど、イルカを捕獲すること自体が鯨同様に問題視されるべきと主張したいのでしょう。

しかし鑑賞した取材地の和歌山漁協は内容に著しい事実の捏造があると怒ったみたいですね。

神様は何のために動物や植物を創造したと思いますか?

食物連鎖という言葉があるように、生物って他の生物とうまく共存して均衡を保ちながら食べたり食べられたりしながら暮らしているんです。

それが神様に定められた生物の運命というか、人間が牛や鶏や米や野菜を食べることって害悪でも何でもないですよね。

生物を食することというのは、他の生物の命を絶っていることじゃないですか。

人間が食べ物を殺すという行為は、無用な殺生じゃない限り、生きていくために仕方ない行為なのです。

その食文化をとやかく否定するならオーストラリアのカンガルー猟だって残虐かも知れませんよ。

問題の本質はどの動物を食べちゃいけないということではなく、アフリカや南米で貧困のために多くの人間が飢餓で死んでいる中、もっと日本人は食べ物を大切にしましょうよ!ということのはずです。

日本は特に1日に捨てられる食べ物の量は異常です。

学校給食とか、レストランとか、ファーストフード店、居酒屋、家庭の食卓…。

まさに飽食の民族なのです。

今こそイルカ漁の是非じゃなく、食べ物をムダにしない日本人の伝統的な食文化を考え直すことが優先じゃないかと思います。

日本人が食べない動物を食べる国はいっぱいあるじゃないですか。

イルカ漁や鯨漁で生計を立てている漁師もいますし、それがそれぞれの国の食文化じゃないでしょうか。

だから日本バッシングなのではなく、日本人が健全で清貧な日本らしい食文化を取り戻したら、もっとイルカ漁に対しても堂々としていられると思いますよ。






最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

政治家に何も期待してはいけないのか?

カテゴリに『政治と社会に期待すること』とありますので、改めて政治に対する思いを書かせてもらいます。

比較的私の周りには政治に無関心の人が多かったですね。

そういう人は雰囲気や感情に流されます。

例えば小学生や中学生を抱える母親なんかは子ども手当が手厚くなれば嬉しいわけですよ。

財源が確保できずまだ半額支給しか約束できないと政府が言い出すと、「民主党ふざけるなー!」とか言うわけです。

ま、そこしか関心がないというか…。



どっちかというと小学生の頃から国家中継をテレビで好んで観ていた私としては、「ある程度国民が政治に関心がないのは仕方ないこと」と思っています。

逆に今の政治家に多くを期待しても「国民の理想通りの政治は無理でしょ」と思っちゃいますね。

官僚支配、国民不在、政治空白といった事実は否定できませんよ。

だからシンプルに、これだけはやってもらえれば少しでも国民が幸せになれるという小さなことしか期待していません。

反対の署名を行えば外国人参政権とか選択的夫婦別姓法案が廃案になるなら努力しますが、これだけ複雑な世の中ですから、まず願うのは景気の問題でしょう。

事業仕分けが拍手喝采だったのは、「国民に益が還元されない余計な無駄をなくすこと」「無駄なことをしている団体(役人も)をなくすこと」という庶民の期待と合致したからでしょう。

今の時世、国民が払拭してほしいと願うのはまず、

私生活を犠牲にしてガムシャラに働いても失業の不安から逃れられない

とか、

マイホームを建てて安定した老後を送るのは「夢のまた夢」という絶望感

だったり、あとは

頑張っても頑張らなくても人生の先行きに安心感がない社会システム構造の問題

でしょうね。

少子高齢化社会が到来しながら、お年寄りが活気づいて働いたり趣味に没頭する環境がない。

高齢者が活気づいてこそ日本の未来に希望があると思うのですが、若者も不景気のため希望を失っています。

だから「人を大切にする」という社会の仕組みを作らないといけないのに、それを無視して不用な景気対策など急場しのぎの政策に走る政治家や役人たちと国民の温度差が激しいですよねぇ。

当事者意識という責任感を持てば、もし私が政治家だったら…という考えから書かないといけません。

私ならまず「安心して暮らせる社会構造」最優先でしょうね。

そこに国防や他の政策も絡むから難しいのですが、精神的不安をいかに払拭するかよりも、選挙での人気取りが優先になっちゃっていますから手に負えません。

だから単純に期待することはただ一つです。

一生懸命働いたものが報われる社会構造を作って!

ということだけですね。

介護施設や保育園の現状も惨めです。

働いても悪い報いばかりを受けやすいストレス社会から脱皮する政策を考えてほしいですね。

言うは易く、行うは難しですけど。 (>□<〃)


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

自民党は何をやっとるんですか!

小沢さ〜ん(スピードワゴンではない)、

とっとと辞めて下さいよ! (`з´゛)!

逮捕だとか罪が確定もしていないのに尚早な発言かも知れませんが、中国は朝鮮半島と日本列島を30年後には支配下に治める計画なんです。

だから日米同盟をもっと大切にしましょう。

だから普天間問題は慎重でも構いませんが、中朝にお人好し外交を進める小沢さんを降ろしましょうよ。

社民党と組まずに選択的夫婦別姓法案なんて廃案にしましょうよ。

ついでに外国人参政権もボツにすべきです。

もっと帰化しやすくする法律を作るとか、在日韓国人に参政権を限定するとか考えましょうよ…。

2050年の中国のモデルマップだと韓国は中国内の「朝鮮省」に治まっているんです。

日本も東京以西は「東海省」(東海は日本海のこと)に治められ、完全に中国の一部に治める計画です。

関東と東北は自治区扱いにして日本の領土として認めるようですが、中国の許可なしに動けないように圧力をかけるんだそうです。

そんな構想を鼻高々に中国の高官が日本政府の役人に見せつけているわけですよ。

小沢さんは共産主義の怖さを知らないなら、自ら罪を認めて辞めるべきだと思うんですが、逮捕されない限り辞めないでしょうね。

逮捕されないよう手を打つんでしょうけど。

ところで政権奪還のチャンスに自民党は何をやっているんでしょう?

もっと攻勢をかけて民主党に揺さぶりを与えるべきなのに、まったくの迫力が感じられません。

自民党再生はまだ先という感じですかね。

その頃に中国に乗っ取られないことを祈るのみです。

東京都千代田区あたりはいずれ中国人が区長をやっているでしょう。

今度の参院選も自民党は勝ち目ないかなぁ。 (-ε-;)ξ




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから

画像 007.jpg

先日、研修のため久々に広島に行ってきました。



広島国際会議場で行われたので、平和祈念公園の中を歩きながら原爆ドームを眺めました。

小学生の社会科見学らしき一行がいましたが、改めてドームを見ると被害の生々しさが伝わりますね。

帰りは原爆慰霊碑の前で黙祷を捧げ、その碑の言葉に目をやりました。

安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから。

鳩山政権が反米的だの言われていますが、戦争責任が誰にあるのかということを追及したいんじゃありません。

日本人はアメリカを恨まず、逆にアジア諸国家に侵略の被害を与えた立場であることをわきまえながら、アメリカを許してあげないといけないのです。

逆に核戦争が二度と起きないように世界平和のイニシアチブを日米ら先進国が握らないとダメでしょう。

だからこの碑の言葉はとても重いのです。

NGO団体が反戦を叫ぶことの効果はそれほど高くないというか、逆に左翼運動に利用されるだけです。

それよりも日米協調を崩さず、先進国へ軍事的脅威を与える共産国家に対する一定の防波堤を築くことが先決でしょう。

久々に広島に来たので、旧市民球場の外観を眺めながら東急ハンズ広島店に立ち寄って買い物しました。

地方産B級グルメの土産コーナーがあったので、広島の牡蠣ラーメンを買ったついでに、なぜか長野の野沢菜キムチと宮崎の冷や汁の素も買ってしまいました。

で、最後に

画像 002.jpg

柿の種チョコを見つけ食べました。

これは微妙…

柿の種の塩味にチョコレートがけの甘さが合ってはいるのですが、やみつきにはならないかなぁ。

私はチョコ菓子ならなんでもいいというか。 (へ。へ)ζ

来年はぜひマツダスタジアムにも行きたいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

事業仕分け、外国人参政権、そして夫婦別姓



自民党政治の自滅によって訪れた民主党政権。

既存の政治ではもうダメポ…とそっぽを向かれ、期待新たに発足した鳩山政権であります。

特に自・公連立政権時代のものを覆そうと、もしくは以前からやろうとして自民党の反対で実現できなかったことを一気に進めようとしてますよね。

私が今、注目してるのは子ども手当てでも公立高校の学費無償化でもなく、上記タイトルの3つです。

まずは行政改革の切り札とも言われる事業仕分け

自民党政権からも行われていましたが、現政権だと不況下の国民の経済的負担を減らしたい目的もあって、各省庁や各機関からの予算要求の無駄削減のため徹底した仕分け作業が行われています。

そりゃヒヤリングしたら無駄な事業がいっぱい出てくるわなぁ。

でも保守的な前例踏襲主義の行政と、「あれもこれもしたい」という自民党政治家の姿勢が強かったため、官庁や機関からのヒヤリングに基づいた調査だけでは官僚が提案した事業内容に関して無駄かどうかという仕分けの判断は難しいんですよね。

そこで民主党は各事業ごとに現場の声や実情に基づいてのヒヤリングを公開で進めてますし、数多くの政策の財源確保に躍起になってますから、極力不要な事業は廃止したいのが本音でしょう。

まぁ、ロケット開発とかを中止と判断されて怒る企業も出るでしょうけど、官僚から独立行政法人などへの不毛な天下りで年間1000万円以上も貰うような爺ちゃんが減ってくれるだけ有り難いですよ。

自民党がNO!と言えなかったことへ民主党が切り込んでくれているわけですから。

続いて波紋を呼び続けている永住の外国人参政権について。

これは在日本大韓民国民団のことや在日韓国人がなぜ日本に永住するようになったかという歴史的認識が甘いから議論が噛み合わないのでしょう。

日韓併合の名残で抑留されて居着いたわけではないのです。

そして鳩山さんや小沢さんの考え方の中に、「ちゃんと納税の義務を果たしている外国人に選挙権を与えるのは責務だ」という発想があるんだと思います。

でも、中国人や北朝鮮人は危険だと主張する人もいます。

共産主義国家ですからね…。

選挙権だけでなく被選挙権も与えようとしてますから、人口5000人のさびれた山村に中国人が1000人移住して村長に立候補してきたらどうなりますか? 工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工

外国の意向を受けた人たちに村が乗っ取られる可能性もあるわけですよね。

だから民主党は売国奴だと非難されているわけです。

最後に由々しき問題の選択制夫婦別姓制度を認める民法改正案の話題。

これって私の周りでは「別にいいんじゃないの?」という反応が多いんですよね。

これは日本の古き良き

家族制度を崩壊へと導く悪法なんですよ!

日本社会党出身のフェミニストや弁護士が先導してきたから仕方ないのでしょうが、福島さんは早く解任して欲しいものです。

まず夫婦の一体感を削ぐし、子どもたちもどっちの姓を名乗るか迷いますよねぇ。

民主党政権は来年1年が勝負でしょう。

ここで評価を下げると、再び政権交代になりかねません。

人気を取るか、実を取るか。

民主党の動きに注目しましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 19:20| Comment(1) | TrackBack(2) | 政治と社会に期待すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。