2011年05月17日

キリシタン弾圧の真実

ある芸能人が自殺した…というニュースが流れた。

なぜ若くして死に急ぐ、とも思いました。

死んであの世に行けば楽になるとは思えません。

逆に、自ら命を絶った場合は地獄に堕ちてもっと苦しむことさえ知れば、自殺なんてしないと思う。



東日本大震災も、被災者は必死に生きようともがいています。

生きることに必死になっている日本人がたくさんいるのに、何で死に急ぐのでしょう。

豊臣・徳川時代のキリシタンの殉教を彷彿させますよね。

外国からわざわざ極東の地に決死の覚悟で宣教に来た人たちは、命がけで布教に尽くしていきます。

そして江戸時代ですから武士道とマッチしたのでしょうか?

日本人キリシタンも、幕府の迫害や弾圧に負けず何千人と殉教していったのです。

当初はキリスト教を受け入れなかったアジアの他国も、日本と同じような大量の殉教者を出した国はありませんでしたよね。

中国や韓国だってここまではいませんでした。

死を以って潔しとする時代だったから、信仰のためなら喜んで死ねたのでしょう。

現代人とは時代が違い過ぎます。

我々は育ててくれた両親に感謝しなければなりません。

例え職場で苦しいことがあっても、心の支えとなる人を失っても、頑張って生き抜くことが先祖たちへの報いであるし、キリシタンの殉教とは次元が違うのです。

自殺の是非に関する議論は、言うなれば『倫理観』の範疇じゃないでしょうか。

日本では殉職や心中や切腹などが美徳とされてきました。

欧米ではこうはいきません。

自殺の是非じゃなくて、自殺の善悪で説かれるのです。

神様が授けた命を自分勝手に絶つというのは悪、すなわち倫理観でなく『宗教観』の範疇なのです。

日本人は潔さを強調しますが、死んでもあの世に行ったら楽になるわけではないと誰も教えてくれませんからね。

森山直太朗『生きてることが辛いなら』の歌詞でも載せておきましょう。

♪何にもないとこから 何にもないとこへと

何にもなかったかのように 巡る生命だから〜



最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

なぜ辞書を引かせると子どもは伸びるのか

異動後、あまりにハードワークが続いて毎日終電帰り…。

ブログを更新する体力も残っていませんでした。



小学校の現役の先生が書いた本を紹介します。

パソコンや携帯ゲーム全盛の中で、子どもに辞書や辞典で調べさせる良さを主張している本です。

電卓で計算したら自分で計算する能力を育てられません。

ゲーム感覚で調べごとをしようという主旨ではなく、自分で探すことが面白いと感じさせるのがポイントなのです。

この『なぜ辞書を引かせると子どもは伸びるのか』という本ですが、例えば地図帳で東京の地理を調べてみるとか、図鑑で蝶を調べてみるとか、子どもの好奇心を引き出す勉強法の具体例が示されているんです。

なるほどな!と思った事例を1点抜粋してみます。

なぜ、『大きなかぶ』や『スイミー』が小学校の国語教材に用いられているのでしょうか?

という問いかけがあります。

要約して書くと、日本の国語の教科書には作品ごとに「小さな者の力を侮ってはいけない」「団結すると大きな力を発揮する」といった主題が隠されているんです。

子どもたちが読むことで倫理や道徳の教育に繋がるという効果を強調しています。

日本国家(というか文科省?)による、日本人としてのアイデンティティ形成の思惑が込められているそうです。

この作者は小学1年生からどんどん辞書に慣れさせるべきと言っています。

斎藤孝さんのような教養主義者が読んだら絶賛する内容なんだろうなぁ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

サイババの名言

ビンラディン殺害騒動でニュースはそれ一色です。

そのかなり前にインドの宗教指導者・サティーヤ・サイ・ババが亡くなられたニュースもありましたが、それもビンラディンの死の衝撃のインパクトに消えそうですね。

何よりアルカイダの報復テロが怖いです。



サイババの話題に戻りますが、葬儀は国葬として執り行われたそうです。

インドの大統領や首相以外で国葬が執り行われたのは他にマザー・テレサのみなんだとか。

サイババはインド古来の伝統文化を重んじ、海外にも多くの信奉者をつかみました。

物質的な奇跡を駆使して信者をつかんだという噂もありますが、人間はみんな神の化身であると主張したのは世界の哲学者たちの喝采を浴びたのです。

神だけが永遠であり、人間は束の間の閃光、生まれては消えていくちっぽけなさざ波でしかありません。

ですから、感性豊かなる意識に神を現出せしめる神の御名を唱えることによって、広大な想い、壮大なる考え、燦然たる輝きでおのれを満たすのです。


彼の名言は数多く遺りましたが、やはり人間というのは死に様が重要だと思います。

いかに惜しまれて見送られるか。

その点では賛否あった人物と言われていますが、神の威光を伝えた重要な人物であり、イエス=キリストやお釈迦様の後臨主と目された人でもあったのでしょう。

本当にご冥福をお祈りします。

あと、我々おじさん世代のスターであった元キャンディーズのスーちゃんも……。

サイババは今のスピリチュアルブームの先駆け的なタレント(指導者)でしょう。

目に見えないものを軽んじる現代人の中にあって、貴重な説法者だったはずですよ。




最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 人・ことば・サクセスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

身近な組織をSWOT分析してみよう

SWOT分析.jpg

唐突なタイトルのような気もしますが、取り合えず組織論の基本を書いてみましょう。

にわか(というかやらせ?)ホワイトボードの画像も参照して下さい…。



ドラッカーブームのおかげで、プチ経営学があちこちで流行ってきた気もします。

例えば町内会とか、ローカルNPOとか、夏祭り実行委員会など小さな組織でも企画や活動が停滞した時に、状況分析をする必要があると思うんです。

前にいつかのエントリーで書いた気がしますが、事業を企画する際、成功を近づけるための情報分析法として SWOT分析 という手法があります。

目標達成に近づくための組織内部の強み(Strengths)と達成を阻害する弱み(Weaknesses)、達成をもたらしやすい環境外部の機会(Opportunities)と達成を遠のける脅威(Threats)の4つに分類し、事業や活動の方向性をまず分析してみましょう。

SWOTはある程度、それぞれの情報を整理し、組織の構成員や受益者、顧客などに説明しておくと効果的になります。

近所の農業祭りでさくらんぼの商品を販売するという企画を例に挙げてみましょう。

1、強み(S)
 地元学校の児童にさくらんぼの収穫体験を提供できる、さくらんぼ畑を広範囲に所有している、さくらんぼゼリー・さくらんぼパンなど商品化してきた工場がある、地元メディアや市民講座でPRできる、など。

2、弱み(W) 楽しいというイメージが残るだけで環境教育への効果が乏しい、祭り当日の天候で企画が左右される、内輪的な説明に終わり外部人材のコーディネート協力が難しい、冷蔵庫などを置かないと試食分が乾燥しやすい、など。

3、機会(O)
 地元自治体が農家の復興支援に力を入れ始めた、祭り会場の近くに鉄道の新駅が開設され交通アクセスがよくなった、健康食と食育ブームの到来、果物なので女性人気が見込める、など。

4、脅威(T) 単価が安いので薄利少売のリスクが高い、震災や少雨干ばつなどによる生産量減少、消費者の好き嫌いに影響されやすく来年以降の中・長期的な戦略が立てられない、隣の市で著名タレントを呼ぶイベントが同日に重なり集客が奪われそう、など。

トータル的にこの分析から考えられるのは、強みや機会(チャンス)を活かした企画となると、『さくらんぼの名産地とアピールするために電車で来場してもらって、さくらんぼを存分に味わってもらう』という事業が望ましいという結論が導き出されます。

となると、若い女性がたくさん来場してお金を落とすような企画がいいかと。

さくらんぼ狩り体験をさせながらさくらんぼの枝や種を使った工芸品を売ったり、他にもさくらんぼソフトクリームなんか出したら収益アップになるんじゃないですかね。

皆さんも自分が所属する組織や部署で簡単なSWOT分析をしてみたら面白いですよ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織運営&リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

妻の一言



某テレビ番組の影響か、恐妻とか鬼嫁という言葉が一時期流行りました。

ウチのカミさんは鬼嫁ではないですが、我が家に先日、事件が起きました。

突然、上司に呼び出されて人事異動の打診を受けたのです。

私にとっては到底受け入れられない内容でした。

私は実家が千葉でかつ長男。

にもかかわらず5年前に妻の父親の介護の事情と、育児や妻の姉たちの都合で両親のいる首都圏を遠く離れて地方に下ってきて、ようやく慣れたと思ったのに…。

まぁ、打診されたのは同じ県内での異動だったのでよかったのですが。

しかしひたすら妻の父の介護事情と、7歳と3歳の1歳の男の子3人を40過ぎた妻が弱い体を絞って育てている環境を何とか訴えて、人事を再考してもらおうと画策しました。

そこで上司から返ってきた言葉は(守秘義務があるので多少デフォルメして書きます)、

「個人の事情を言っている時代じゃないよ。

自分の都合が許されない場合もある。

都合が悪い時間は代理を立てて助けてもらえばいいから、引き受けてみなさい」(要約)と言ったものでした。(たぶんもっとお上から通達されているので断られたら困ったのでしょう)

とりあえず家族もいるので妻と相談して考えさせて下さいと言って帰宅しました。

1時間近く通勤時間が伸びる上、次の職場は土曜や日曜も仕事が詰まってくるとも言われたので家が大変だったら、もともと将来的な自立志向が強かったので思い切って退職して近所で職探しでもしようと妻に伝えたら、

「今やれることをやってみたら?

毎日帰宅が遅くなっても子どものことは気にしなくていいから。

だいたい今さら転職してもこの不況ですぐリストラされてまた職探しよ。

あなたが職探しでうろたえて家で落ち込んでいる姿なんか子どもに見せて欲しくないから。」


私がとても引き受けられないと思ったことをまさか妻が「引き受けてみたら?」と言うとは…。

同僚に伝えたら「素晴らしい奥さんじゃないですか!」って褒められましたよ。

ん? 母(妻)は強しか!?

なんかJリーグで名古屋グランパスを優勝へと導いたストイコビッチ監督の妻・スネジャナ夫人の夫への言葉を思い出しましたよ。

「このままじゃ恥ずかしくて国に帰れないわよ!

まさか1度も優勝しないで日本を去る気じゃないでしょうね。

監督になったんだから1度くらい優勝しなさい!」


あのピクシーでも妻の叱責で優勝できたとも言われてますからね。

改めて夫婦というのは持ちつ持たれつだと思いました。

いつも自分を陰で支えようとしている妻に感謝です。

くれぐれも私は恐妻家ではありませんけど…。 ゙(。_。*)))


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ぜひブログランキングのクリックにご協力下さい。
 → 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by ハマスタの☆浜風 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦・親子・家族・教育全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。